エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:都内の好釣り場3選

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:都内の好釣り場3選

チョイ投げ竿で大物を釣ってみたいという方に朗報。春はエサで簡単にシーバス(スズキ)が釣れます。今回は初心者でも有望なポイント3選を紹介します。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

隅田川・月島川周辺

バチ抜けルアーマンのメッカとなっている隅田川の勝鬨橋付近や、支川の月島川周辺は、エサ釣りでもシーバス(主にフッコクラス)の好ポイントです。

隅田川でフッコを狙うには、下げ潮では流れが急過ぎてオモリが流されてしまうので、上げ潮の時間を狙います。また、根掛かりが多発するエリアなので、中通しオモリにこだわらず、ハリスにウキを付けてエサを浮かせて釣ると、仕掛けのロスを軽減できます。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:都内の好釣り場3選隅田川に掛かる勝鬨橋(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

一方、月島川は、西仲橋から親水護岸に降りることができる足場の良い釣り場です。ハゼ釣りで有名なポイントですが、フッコクラスも居着いています。西仲橋の橋脚や、係留してある屋形船の周りが好ポイントになります。

しかし、投げる距離に気を付けないと、対岸のマンションにオモリが飛んだり、屋形船が破損する恐れもあるので、慣れないうちはまず川の中央に投げるなど、くれぐれも事故には気をつけてください。

豊洲ぐるり公園

豊洲市場開業に伴って整備された江東区の豊洲ぐるり公園。埠頭沿いに続く広大な護岸が釣り人に開放されています。秋のサバなどサビキ釣りで有名なポイントですが、フッコクラスやスズキクラスのシーバス釣りも盛んです。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:都内の好釣り場3選豊洲ぐるり公園(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

釣り人が多い釣り場ですが、広いため平日なら埠頭角の潮通しの良い潮目をピンポイントに狙えます。

ただし、観光客も多く、投げ釣りで後方確認ミスによる事故が多発したため、大きく振りかぶるような本格的な投げ釣りは禁止になってしまいました。チョイ投げ釣りでも、くれぐれもトラブルの無いよう注意してください。

潮見運動公園

京葉線の潮見駅から徒歩10分とアクセスの良い江東区の潮見運動公園。周辺の親水護岸が釣り人に開放されています。クロダイ釣り、シーバス釣りのメッカとして知られており、多彩なゲストが狙えるのも魅力です。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:都内の好釣り場3選潮見運動公園(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

道路側の七枝橋の橋脚周りや、護岸の角、「豊洲五差路」と呼ばれる5本の運河の合流点がポイントです。水底に牡蠣殻が多く、根掛かりも多発するので、仕掛けの予備が多く必要になります。

なお、東雲北運河(八枝橋)側は、かつてシーバスの名所として名高いポイントでしたが、釣り人のマナーが悪かったのが原因で、事実上釣り禁止となっているので注意してください。警察を呼ばれるケースもあるそうです。

マナーは必ず守ろう

このように、世界一の大都市東京の都心エリアで、チョイ投げ釣りでシーバスをキャッチできるのも、釣り人のリリースがあってこそです。しかし、これらのポイントでさえ、マナー違反で釣り禁止の動きが出てきています。

釣れたフッコは極力リリースし、マナーを守って持続可能な釣りができるように心がけましょう。

<菊池英則/TSURINEWSライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。