解禁当日の渓流ルアー釣りでヤマメ12匹にニジマス1匹手中【岐阜・庄川】

解禁当日の渓流ルアー釣りでヤマメ12匹にニジマス1匹手中【岐阜・庄川】

3月1日、いよいよ渓流が解禁になり、毎年通う岐阜県高山市の庄川上流へ向かった。ヤマメ17~23cmを12匹、ニジマス1匹を釣った釣行をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

庄川で渓流ルアー

今年は雪が多いので朝早くは凍結が心配で、少し遅めの午前6時に家を出発。国道156号線を北進し、長良川を見ながら進んで白鳥インターから荘川インターまで高速を使い、8時すぎに到着した。

メインの荘川の里前に行くと、15人ぐらいの釣り人がサオを出しているので釣果を聞くと、そこそこ釣れているとのこと。しかし人が多く釣る場所がないので下流の牧戸橋の下へ行くが、ここも数人の釣り人がいる。

解禁当日の渓流ルアー釣りでヤマメ12匹にニジマス1匹手中【岐阜・庄川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

仕方なく御母衣ダムを北進して平瀬地区へ。途中荘川桜の駐車場の下で数人の釣り人を発見。どうもサクラマスを狙っているようだ。

それを横目で見ながら平瀬地区へ。放流場所には数人の釣り人。様子を聞くと、あまり釣れないとのことだ。車を止める所がないので、反対側の広場へ行こうと橋を渡ると、橋の下でエサ釣り師が入れ掛かりさせているのを発見した。

23cmヤマメヒット

慌てて車を止め、早々に用意をして河原へ向かう。途中雪だまりに足を取られ、四苦八苦しながら橋の下に到着。取りあえずエサ釣りの人に声をかけ、上流に入れてもらう。まずは上流の流れ込みの流芯へ。着水と同時にアクションを入れるとすぐに反応があった。アワセを入れるが、フッキングせずバラシ。

解禁当日の渓流ルアー釣りでヤマメ12匹にニジマス1匹手中【岐阜・庄川】大量の雪が残っていた(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

同じ所に撃ち込んで流すが、反応がない。少し下流に投げ、少し沈めてからアクションを加えようとロッドを上げた瞬間、ドラグがジーッと鳴く。心地いい引きを楽しんで無事ネットイン。23cmの放流物のヤマメだ。同じ場所でしばし入れ掛かりを楽しんで、数匹キャッチ。

天然ヤマメキャッチ

少し下流の瀬肩へ移動し、少し重めにルアーを変更する。しかし、反応がない……。大岩の上のトロ場付近をルアーが通過し、ロッドを上げようとした時に浅場から魚影を確認。

解禁当日の渓流ルアー釣りでヤマメ12匹にニジマス1匹手中【岐阜・庄川】天然のヤマメが出た流れ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

サイドから同じ位置にくるようにルアーを流すとすぐにヒット。17cmのきれいなヒレピンのヤマメだった。

解禁当日の渓流ルアー釣りでヤマメ12匹にニジマス1匹手中【岐阜・庄川】天然のヒレピンヤマメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

その後、下流へ200mほど釣り下り、3匹キャッチ。ここで昼食タイムとした。

次のページで午後からの釣りと最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。