『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:ワーム「波動」を理解する

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:ワーム「波動」を理解する

ライトゲームで用いるワームには様々な形状がある。見た目の違いを抜きにすれば、水中での大きな違いは、そのワームが出す「波動」である。今回はこの波動とは何か紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「波動」とは

ワームが動くなかで、水かき・水受け中に水中に漂う微妙な振動を、波動という。あるいは「ワームの水中でのアピールそのものの大きさ」ともいえるかもしれない。筆者個人としては、「ワームが周りの水をどれだけ動かすか」と捉えている。そのようなものが、波動だ。

魚の釣れ方にも影響するので、活性の高低、釣りもの別に波動の強弱を使い分けたい。

波動の強弱はテールで決まる

ワームの波動の強弱は、その形状がほとんどすべてを決定する。特にテール部分だ。テール形状は、大きく分けて二種。尾がくるくると回るテールか、尾がまっすぐで基本的に振動しないピンテールで、回るテールの方が波動が強く、ピンテールの方が弱い。

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:ワーム「波動」を理解する波動の大きいテール形状のワーム(提供:TSURINEWSライター井上海生)

また、形状的にほとんど波動が出ないものでも、動かし方でその強弱が調整できる場合もある。たとえば、下の画像のアジング用のワームは、水中でただ巻いてくる分にはほとんど波動がないが、シェイクを入れると、リング状の部分が縦に水をかいて、微波動を発する。

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:ワーム「波動」を理解する動かし方次第で波動のかわるワーム(提供:TSURINEWSライター井上海生)

微波動がいいとされる魚

では、まず微波動のワームがいいとされる魚、これはアジ、メバルだ。ライトゲームの代表的ターゲット二種、この魚たちは、基本的にあまり大きな波動を好まないといわれる。

ただし、これは、「そもそも論」では本当かどうかわからない部分がある。

というのも、私の経験上、人的プレッシャーがかかっていないまっさらなポイントでは、強波動のワームにもアジ・メバルはバンバン飛びついてくるからだ。反対に、人的プレッシャーがかかったエントリーしやすい漁港周りなどでは、確かに微波動ワームの方が反応する。

今はライトゲーム人口が増えていて、それに伴い陸周りの海には魚が減っているともいわれる。そういう理由で、大前提としてどこもプレッシャーがかかっていると考えて、ワームのメーカー各社が、「微波動のワームが無難ですよ」とアナウンスしている感じもする。

では、魚の好み「そもそも」は、どうなのだろうか……?私としては、微波動でなくてもいい気がする。ただ、これは単にいちアングラーの意見なので、魚の習性を研究しているプロダクターの言うことの方が参考になるだろう。

次のページで強波動がいいとされる魚を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。