シロギス釣行:波止からのんびり投げ釣り【静岡県・沼津港】

「人が少なくて、車からあまり歩かず、釣果が期待できる」。そんな都合のいい釣り場はないかと考えていると、ある場所が頭に浮かんだ。6月2日(土)、静岡県沼津市にある沼津港へシロギス釣りに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日の釣り場

港内の様子。

この日は気温が高く、風が弱いという予報だったので、混雑を予想して5時前に現地に到着すると、すでにたくさんの釣り人が竿を出していた。

どんな魚が釣れているのか見て回ると、コマセなしのサビキ釣りで小サバやイワシが入れ食い。

釣りの人の多くは港内の奥まった場所なので、いつも竿をだす鉄くず横で釣り開始。

投げるポイント微調整してシロギス連発

タックル図。

エサはジャリメを用意した。

第1投は正面へ5色。仕掛けを動かさず、置き竿にして10分後に巻き上げるとサビハゼが2尾。

2投目はさらに長めに待ったが、メゴチ2尾と開始早々調子が悪い。

こういった魚が続くときは、ポイントがズレていることが多い。

3投目はそれを踏まえて少し右寄りの5色へ。

同様に置き竿にして10分ほど待って巻き上げると、リーリングする手に、はっきりとした重みがあり18cmのシロギス。

このあと連発する。

一荷。

地元の常連キャスターがやってきて、最近の情報を聞くことができた。

なんでも「先週は白灯台~船道を狙って良型が2尾釣れた」とのこと。

また、「今年は遅れていて、我入道や島郷海岸ではまだ本格スタートしていない」と周辺もあまりよくない様子。

それでも9時30分までに6尾。

ゲストはサビハゼにメゴチ、小サバなど。

数は決して多くはないが、のんびりと楽しめたので満足。

ちなみに常連はこの小サバを泳がせでヒラメやスズキを狙っていて、日並みがよければ釣果が上がっているようだ。

<週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎/TSURINEWS編>