良型イシダイ浅ダナに接近中 石物釣りで2.5kg『銀ワサ』手中【鹿児島】

良型イシダイ浅ダナに接近中 石物釣りで2.5kg『銀ワサ』手中【鹿児島】

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)のイシダイが動き始めた。まだ数は少ないが、浅ダナに良型が接近してきたようだ。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上甑島・里でイシダイ狙い

里のイシダイは一年を通して狙えるが、春は良型が釣れる確率が高い。赤貝やガンガゼをエサにしたブッ込み釣りや宙釣りが一般的な釣り方だ。

2月中旬、午前5時すぎ、現地に着くと波風があった。風裏になる近島に渡り、準備に取りかかる。ハリは、袋から取り出せばすぐに使える石鯛ワイヤーで、夜が明けるまではキビナゴをエサにアカハタなどの根魚を狙ってみた。

サオ下から30mほど先まで探ること30分、まったくアタリはなく、空が白み始めた。ここでエサを赤貝にし、本命のイシダイ狙いにチェンジ。まずは15m前後の深ダナを攻めた。

良型イシダイ浅ダナに接近中 石物釣りで2.5kg『銀ワサ』手中【鹿児島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

しばらくするとコツンコツンと小さい魚信。仕掛けを持ち上げ、13mのタナにエサを置き直すと、一気にサオ先が突っ込んだ。強引なやり取りで浮かせたのは3kgほどのサンノジで、立て続けに2kg前後を追加。

さらに5kg級のヒブダイを釣り、ウオーミングアップは完璧。あとは本命を待つのみだ。

待望の2.5kgイシダイ手中

午前9時すぎ、10~12mのタナをしつこく攻めるが、エサ取りのアタリばかり。半ばあきらめかけたときだった。9mの浅ダナを探ると、わずかにサオ先を押さえたので、少し送り込むと走った。

アワセを入れると真下に突っ込む。リールをゴリ巻きして浮かせにかかると、横走りすることから石物と確信。水面を割ったのは2.5kgほどの銀ワサ(オスのイシダイ)だった。

良型イシダイ浅ダナに接近中 石物釣りで2.5kg『銀ワサ』手中【鹿児島】小ぶりながら銀ワサをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

小ぶりながら本命の顔を拝めた。この1尾に満足し、午前11時に納竿。次回は3kgを超す大物を仕留めたい。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
藤丸
出船場所:里港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。