【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介

【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介

いよいよ温暖な南房でコマセイサキ釣りがスタートした。今回は、千葉県・南房の基本的な釣り方とイサキの釣果速報を紹介する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

コマセイサキ釣りタックル

竿は2m前後の6対4調子が使いやすい。シーズン序盤の繊細なアタリを取るために穂先感度のいいのを選びたい。硬すぎると大型が掛かった場合ハリス切れやハリ折れの原因になるので熟考したい。

【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ミチイトの号数は船中で統一していることがあるので要確認。コマセを指示ダナきっちりにまくためにも、ミチイトは1mごとにマーカーがついているものを。

仕掛け&エサ

細ハリスが特徴。1.5~1.75号の3本バリが定番。

細いため、傷やヨレなどがあると切れやすく、取り扱いは慎重に。数十尾釣ったものや、ザラザラした感触があればすぐに新しいハリスに交換。シーズン序盤には、ハリスの傷などにより食いが落ちる傾向があるので、仕掛けは多めに持参を。

カゴはアミコマセに最適なFLを使用。上窓は3分の1開け、下窓は全閉。

【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介下窓は上部のネジで調整(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

付けエサはイカ短など。コマセに同調させるように米粒の半分程度にカットしてハリ付け。

コマセイサキの釣り方

基本的な釣り方を解説しよう。

【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介基本のコマセワーク(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

タナ取り

船長からのタナ指示を遵守することがこの釣りの鉄則。基本的には水面からタナ指示がでる。イラストを参考に確実にできるようにしておく。

シャクリ

コマセを振り出そうと力強く竿を大きく振るのは逆効果。シーズン序盤は魚がまだコマセに慣れておらず、暴れるビシなどに警戒して食いが落ちる傾向がある。軽い力で竿の弾力を最大限生かしたショートかつソフトなシャクリが有効。

【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介お土産十分(提供:竜一丸)

アタリ

シーズン序盤の大型のアタリはとても繊細で、竿先がモタれる程度。軽く竿先を下げて送り込んで食わせる。強いアワセは不要。

やりとり

大物に備えてドラグは竿の硬さなどを考慮して調整しておく。締め込みすぎるとハリ折れやハリス切れがあるので注意。

【2021南房】コマセイサキ釣りが開幕から好調 基本の釣り方を紹介大物に備えてドラグ調整(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

この釣りのだいご味は細いハリスでのスリリングなやりとり。竿やリールの性能を最大限生かして巻き上げる。

取り込み

小型なら抜き上げてもいいが、大型はタモを使って確実に取り込む。

次のページは最新釣果情報を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。