冬の『投げカワハギ釣り』が面白い 磯周りで30cm超登場【串本大島】

冬の『投げカワハギ釣り』が面白い 磯周りで30cm超登場【串本大島】

2月11日、関西の投げカワハギの聖地とも言える和歌山県串本町に釣行し、本命の良型カワハギを仕留めたので、その模様を紹介したい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・長谷川靖之)

長谷川靖之

大海原に向かってのフルキャスト!どんな魚が釣れるか分からないワクワク感が投げ釣りの最大の魅力です。そんな投げ釣りの魅力を皆様にお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。

×閉じる

海釣り 投釣り

近投が当たり連発

するとこれがビンゴで、サオ先をたたくアタリ。パシッとアワせるとカワハギのような感じだ。近投なのですぐに上がってきたのは22cmの中型。当日は数が揃っていなかったので、ここからは手持ちで磯の周りを探ってみることにする。

小型が数匹釣れた後、ゴツンという強い節アタリをキャッチ。しばらく食い込むのを待っていると、サオ先を一気に持っていくアタリにかわった。ここでガツンとアワセを入れる。船でのカワハギ釣りは繊細なアタリの見極めが必要だが、投げ釣りの場合、仕掛けが底をはっているので、エサ取り名人もこのような大きなアタリを出すのが面白いところだ。

これはなかなかの重量感でテンビンが見えてからも激しく底に潜ろうと抵抗する。構わずに一気に抜き上げたのは一目で30cmオーバーとわかるグッドサイズだ。お腹も大きく肝パンを予感させる。遠投にこだわり過ぎず、幅広く探ることも必要だと再認識した。

ヒラバエの状況と今後の展望

その後も午後2時の納竿まで遠近を探ったものの、追加のカワハギをキャッチすることはできなかった。

冬の『投げカワハギ釣り』が面白い 磯周りで30cm超登場【串本大島】釣友たちの渡ったヒラバエ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

ヒラバエに渡った3人もあまり芳しくない釣果で、長岡さんが27cmを2匹、西さんが26cmと29cmを仕留めたのが目立ったくらい。

冬の『投げカワハギ釣り』が面白い 磯周りで30cm超登場【串本大島】今本さんとカワハギ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

串本大島のカワハギは3月~4月がピークなのでもう一度狙ってみたい。

冬の『投げカワハギ釣り』が面白い 磯周りで30cm超登場【串本大島】釣果を手に全員で(提供:WEBライター・長谷川靖之)

<長谷川靖之/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
しょらさん渡船
出船場所:白野港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。