船からのエギングコウイカに初挑戦 釣趣と食味は病みつきに【忠栄丸】

船からのエギングコウイカに初挑戦 釣趣と食味は病みつきに【忠栄丸】

愛知県・南知多町片名港の忠栄丸が、2月1日から乗合でのコウイカ釣りを始めるとのことで、開幕日に行ってきた。予備知識なしの釣りだったが、3匹を釣り上げることができた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

忠栄丸でコウイカ釣り

愛知県・南知多町片名港の忠栄丸で、2月1日から乗合でのコウイカ釣りが開幕するというニュースが飛び込んできた。イカ釣りは12年ほど前にスルメイカを釣った経験しかなく、コウイカを釣ったのは10年ほど前にフグのカットウ釣りで間違って掛かってきて、墨で大騒ぎをして以来だ。

予備知識は胴つき1本バリでハリス4号60~80cm、エギは各自使用とのことで、釣具店マルハンの斉藤店長に助言を求めると、2種類のエギをとのアドバイスをもらって、ルンルン気分で仕掛けを作った。

船からのエギングコウイカに初挑戦 釣趣と食味は病みつきに【忠栄丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

予報は夜から雨、風も少々で曇り空とまずまずの天気とか。当日の午前4時に自宅を出発して、天白川の川面は静かで、途中コンビナートの煙突から出ている煙も静かに上昇していて、海も穏やかなのを確信する。

午前5時30分から忠栄丸での受け付けが始まり、45分から釣り座の抽選があり、私は右舷ミヨシに決まり着座。コウイカ用の仕掛けをセットして、定刻の6時30分に満席で出船した。

アタリが分からず苦戦

航程40分で伊勢湾沖の流し釣りポイントへ到着。曇天、微風、波高1.5mのベストコンディションで、山下船長より「水深70m。底を中心に2mの範囲を探ってください。準備できた人から始めてください」との合図で一斉投入となった。

ラインがトモからミヨシへ速く流れるので、隣の人のラインを見ながらオマツリしないように注意して仕掛けを下ろす。着底後にイトフケを取って、底を中心に2mの範囲で上げたり下げたりを繰り返すが、全くアタリが分からず。エギが悪いのだろうか?

空アワセに本命

1流しごとエギを交換して、3流し目に駄目元でフグのカットウ釣りのように空アワセを入れていると、急に重さを感じて、何かが掛かったと判断して慎重にリールを巻き続ける。

「外れるな、外れるな」と祈りながら、手巻きリールでは70mが非常に長く感じる。コウイカの姿が見え、一気に船の中へ取り込みヤレヤレだ。

船からのエギングコウイカに初挑戦 釣趣と食味は病みつきに【忠栄丸】ヒットしたコウイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大橋浩)

次のページで本命の追釣り成功!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。