東京多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:「初めての釣具選び」のキモ

東京多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:「初めての釣具選び」のキモ

川の小魚釣りは、季節やタックルにこだわらなくても気軽に始められるのが魅力。東京・多摩エリアで楽しむためのタックルを紹介します。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

市販の格安パック竿でOK

小物釣りは、手作りの和竿に木製タナゴ箱持参といったマニアックなイメージがあります。確かに、道具にこだわって釣趣を高めるジャンルでもありますが、キホン的には、市販の格安釣り入門パックの竿でも充分に楽しめます。

竿は、カーボン製でもグラスロッドでも良く、長さ1.2~1.8m程度が扱いやすいです。大手釣具店では、ウキと仕掛けもセットで、1500円前後で購入できます。

仕掛けは市販のタナゴ用を

格安パックの仕掛けは、川のウグイやオイカワをターゲットにしているためハリもやや大きく、仕掛けは別に購入する必要があります。

タナゴ用の極小ウキにシモリ玉が付いて、タナゴバリ(新半月など)がセットになった市販の仕掛けを、450円前後で購入できます。

ウキが小さいのは当然ですが、小さな小粒のようなシモリ玉も重要です。シモリ玉があることで、仕掛けのハリがゆっくりと落ちてゆき、魚を警戒させないメリットがあります。また、魚は上から落ちてくるエサに反応するので、格好の誘いになります。

さらには、ウキに出ない微妙な小さなアタリを、一番下のシモリ玉の動きでとらえることができます。

東京多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:「初めての釣具選び」のキモウキ下にはシモリ玉が付く(提供:WEBライター・菊池英則)

ウキ下は底スレスレに

市販の仕掛けでも、ウキやシモリ玉を動かして、深さを調整することができます。シーズン初期は活性が低いため、なるべく、ポイントの水深いっぱいでウキが立つように長さを調整します(いわゆる「タナ」取り)。ウキが寝てしまうようなら、タナが深すぎ、反対にハリが魚の遊泳層に届かないなら、浅すぎです。

オモリは板オモリで微調整

オモリは、カミツブシのような丸いものが最初からセットされていることもあります。しかし、できれば板オモリという、ちぎって糸に巻いて調整するタイプを選んでください。タナが合っているのに、ウキがすぐに沈むようなら重すぎ、寝てしまうなら、軽すぎです。

次のページで便利な釣行アイテムを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。