『キャスティングヒラマサゲーム』は準備が重要:ラインチェックの方法

『キャスティングヒラマサゲーム』は準備が重要:ラインチェックの方法

春はキャスティングヒラマサゲームの好シーズン。今回はシーズンインに向け、ラインのチェック&メンテナンス方法を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・本山雄基)

本山雄基

シーバス、サーフ、ワイルドトラウトからオフショアビッグゲームまでのルアーフィッシングを幅広く楽しんでます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

春はキャスティングヒラマサ好機

ビッグゲームの代表的な釣りとして非常に人気の高いターゲットであるヒラマサ。産卵のために浅場に回遊してくる春は、一年で最もキャスティングでトップウォーターゲームを楽しむ最適なシーズンと言えます。

タックル&ルアー

エリアによっては20㎏以上の超大型なヒラマサがヒットすることもあり、タックルもパワーのあるものが必要になります。特にキャスティングゲームでは大型がヒットし易い傾向にあるため、パワーのあるロッドやリール、それに耐えうるライン強度が必要です。

『キャスティングヒラマサゲーム』は準備が重要:ラインチェックの方法パワーのあるタックルを(提供:WEBライター 本山雄基)

またヒラマサはサンマやシイラなどの魚を捕食することもあるため、状況に合わせて小型~大型のルアーを用意することをオススメします。

釣り方

ヒラマサのキャスティングゲームは誘い出しがメインになります。これは一見何もない海面にルアーをキャストし、ダイビングペンシルやポッパー等で水面まで魚を誘い出す方法です。シンキングタイプのルアーを使用することは少なく、断続的にルアーを動かすことが必要となります。

ファイト

ヒラマサはヒットしてから根に向かって走り、障害物にラインを擦り付けたり巻いたりする習慣があります。ポイントにもよりますが、ファイト中はあまり走らせずドラグを非常に強く掛けた状態で、ガチンコファイトすることが多いです。

ラインメンテナンスの重要性

ルアーフィッシングにおいて、PEラインは飛距離、感度などから無くてはならないものになっています。特にヒラマサキャスティングゲームではある程度の飛距離が必要になるため、PEラインは特に重要です。

新品で購入したばかりのPEラインはコーティングされており、ラインの摺動性や耐摩耗性がありますが、使用するにつれてコーティングは剥がれ、ラインへのダメージも増えていきます。釣行中の不用意なライントラブルやファイト中のラインブレイクを防ぐため、ラインのメンテナンスを怠らず万全の状態で釣行に臨みましょう。

少しでも毛羽立っていれば即カット

釣りをすると当然キャストやリトリーブを繰り返しますが、この動作だけでもラインへのダメージはあります。特にPEラインは性質上、擦れに非常に弱いですので、キャスト中の指の接点やキャスト時のロッドへの当たりでも少しずつダメージが蓄積されてきます。

『キャスティングヒラマサゲーム』は準備が重要:ラインチェックの方法PEラインの毛羽立ち(提供:WEBライター 本山雄基)

また不意にできるエアノットも目に見えないだけでラインへのダメージがあることも多いです。折角ヒットした大物をしっかりキャッチするためにも、写真の様な大きな毛羽立ち以外でも、少しの毛羽立ちやエアノットは必ずカットして、システムを組み直すように意識しましょう。

次のページではラインの「コーティング」もお忘れなく

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。