日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】

日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】

ここ数年、1月中旬から大ダイがよく上がっている日立沖。今年も調子が上向いてきたようなので、1月14日、茨城日立港久慈漁港の弘漁丸からテンヤ船で釣行。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

弘漁丸でテンヤマダイ

1月14日、茨城日立港久慈漁港の弘漁丸からテンヤマダイ。

5時に船着き場に集合、18人乗りの船に8人が十分な間隔を空けて座り出船。約40分で真沖の水深50mの釣り場に到着。6時すぎにパラシュートアンカーが入って釣り開始。

日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】同船者も本命ゲットだ(提供:弘漁丸)

同船ではスマートフォンで魚探を見ることができる探見丸スマートに対応しているので、底付近の魚影を確認。10号のテンヤを投入すると、底取りは容易で、さっそくアタッてハナダイとカサゴ。8号に交換し底~中層を交互に探ると底付近で0.8kg本命だ。

嬉しいトラフグもヒット

魚探には中層に型物の魚影があるので、底から10m上をしつこく狙うと、モゾモゾとはっきりしないアタリが続き、底まで落とし込むと小型本命のほかカサゴやムシガレイが竿を曲げる。中層には大きな魚の反応があるのだが……。

気になるので、底から15mまで、スローの巻きで探って少しずつ落とし込むとヒット。本命ではなさそうだが、体長のある魚らしい手応えで、パワーこそないが大型だ。ようやく見えた大きな魚影はトラフグ。私は実技認定証を持つフグ調理師なので、これは嬉しいゲスト。するとミヨシの常連にも同魚。

日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】トラフグ2尾キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

船が流れて新しいポイントに入り中層の魚影が消えると底を狙うとカサゴが元気だ。船が小移動しては中層に魚影が映る場所を流していく。このチャンスを逃さずさらにトラフグを追加した。

大満足の最終釣果

私の釣果はマダイ4尾に大型トラフグ2尾とショウサイ数尾にカサゴで大満足。その後同船では連日2~3kgが多数上がっており上り調子。まだまだ大物がいそうだ。

日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】マハタも出た(提供:弘漁丸)

同船では貸し竿道具が充実しており、船長をはじめ、親切なスタッフが楽しませてくれる。大ダイに挑戦してみてはいかがだろうか。寒くなってきているので防寒対策は万全に。

日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】トラフグは有資格者の筆者が薄造りに(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

<週刊つりニュース関東版 上谷泰久/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:弘漁丸
日立沖テンヤマダイで本命4尾 ゲストに高級魚トラフグ登場【弘漁丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年2月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。