玄界灘イサキ釣りでトップ24尾 良型狙いは浅めのタナで【第二大福丸】

玄界灘イサキ釣りでトップ24尾 良型狙いは浅めのタナで【第二大福丸】

1月5日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸でイサキ釣りに行った。本命が連掛けとなり、良型マダイも浮上した釣行をレポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸でイサキ釣り

1月5日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸でイサキを狙った。メンバーは佐田剛さん、中垣和弘さん、手島義晴さん、長尾彰朗さん、有吉正雄さんと孫の竜也さん、中山洋さんだ。

午前5時30分に神湊港から出船し、大島を過ぎて玄界灘に出てみるとウネリもなくポイントに進んだ。船長から出船前に「昼からは風が出るようだ」と言われ、釣り開始時はウネリはないが午前中勝負になりそうだ。

この船には探見丸が搭載されており、これを見れば魚の大きさや海底の起伏も把握でき釣りやすい。今回はイサキ釣りなので魚礁周りの釣りとなる。そのため、根掛かりが多くなるので探見丸を常に見ながらの釣りになる。

30cm級イサキが浮上

ポイントには7時前に到着し、仕掛けを作ったら釣り開始。船長からは海底から15m上を釣るよう指示が出た。

1投目を投入して指示ダナより5m深く落とし、サオを振ってまきエサを出して指示ダナまで巻き上げているとアタリがでた。巻き上げるといい引きでイサキ30cm級が釣れた。イサキはまだ腹ボテではなくスマートだが、帰って裁いてみると脂が乗っていた。

玄界灘イサキ釣りでトップ24尾 良型狙いは浅めのタナで【第二大福丸】筆者にいいサイズのイサキがヒット(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

私は大きいサイズのイサキが釣りたいので、船長の指示ダナよりも4~5m浅く釣っていると数は出ないが良型が釣れた。

5kg級マダイも登場

左舷船尾2番の中山さんにもアタリがでたようで、船長から「5kg級のマダイが釣れた」との話を聞いた。右舷船尾の佐田さんのサオを見ると、アタリがでたのかよく曲がっていてイサキ30cm超えが釣れていた。

玄界灘イサキ釣りでトップ24尾 良型狙いは浅めのタナで【第二大福丸】中山さん(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

本命がトリプルヒット

右舷船尾2番の中垣さんは、イサキ28~30cm級を連掛けしていた。その隣の長尾さんもイサキをダブル、トリプルと掛けていた。

左舷胴の間では有吉さんと竜也さんがイサキを1~2尾と順調に掛けていた。

玄界灘イサキ釣りでトップ24尾 良型狙いは浅めのタナで【第二大福丸】良型ゲットの有吉さん(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

11時をすぎたころ、風が少し吹きだしたので船長に12時30分に納竿にしたいと話して了解してもらった。

このイサキ釣りもこれから本番に入るので、日に日によく釣れだすと思う。当日の釣果は釣る人24尾、そのほかマダイ3尾だった。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:第二大福丸
玄界灘イサキ釣りでトップ24尾 良型狙いは浅めのタナで【第二大福丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。