波止『ウキフカセ』釣行で良型クロダイ&メジナ手中【神奈川・小田原】

波止『ウキフカセ』釣行で良型クロダイ&メジナ手中【神奈川・小田原】

1月14日(木)は大潮。6時半ごろ満潮、干潮は正午前後になる。数年前に何度か竿を出した地元の小田原周辺で、フカセ仕掛けでクロダイを狙った。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

小田原でフカセクロダイ

7時に自宅を出発して15分足らずで小田原の釣り場に到着。有料駐車場に車を止めてポイントに向かう。この日は、ウキフカセでクロダイ狙い。

まず、ウキダンゴ釣り用のコマセ作り。マルキユーの紀州マッハ1袋をベースに、チヌスパイス、細挽きサナギ、アミエビを少量ブレンドして完成。付けエサは生オキアミ、コーンに練りエサを用意。

波止『ウキフカセ』釣行で良型クロダイ&メジナ手中【神奈川・小田原】エサつけの様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰)

ポイントの状況

投入ポイントを見極め、タナオモリを付けて水深を測ると、6~7mほど。足元から4~5m先まで、捨て石が入り組んでいる。釣り座から約15m先に投入。数投後、ダンゴが割れた直後にアタリが出て、エサのオキアミが取られる。

波止『ウキフカセ』釣行で良型クロダイ&メジナ手中【神奈川・小田原】強い引きに竿がしなる(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰)

まずは33cmメジナ登場

そこで、タナをやや深めに調整。すると、ウキのトップが消し込んだ。軽くアワせると強い引き。無事タモ入れしたのは、33cmの口太メジナ。

波止『ウキフカセ』釣行で良型クロダイ&メジナ手中【神奈川・小田原】33cmの口太メジナ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰)

40cm本命クロダイ浮上!

次を狙って手返しを速めると、本命の40cm弱のクロダイがヒット。密を避けて他県をまたぐことなく、念願の魚が釣れて嬉しい初釣りとなった。釣り場の清掃と自分の出したゴミをまとめて釣り座を洗い流して帰路に就いた。

波止『ウキフカセ』釣行で良型クロダイ&メジナ手中【神奈川・小田原】本命40cmのクロダイ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰)

<週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年1月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。