夜焚きイカ開幕釣行:入れ掛かり&パラソルも!【北九州市・祐龍丸】

北九州市・戸畑港祐龍丸の船長から「今年初の夜焚きイカ釣りを開始します」との連絡を受けて、行くことになる。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

今年初の夜焚きイカ釣り

5月18日に行く予定だったが、雨と風が強くなる予報で急きょ前倒しをして17日になる。

出港は午後5時30分の予定で、私はその日は大分にいたので1時に大分を出発し、自宅には3時すぎに着いて、イカ釣りの用意をして港に行く。

この日は小倉南区の市原稔太さんと行き、あとは乗り合いで京都郡から藤野勲さん、久末恒巳さん、杉本誠さんの3人と、田中稔男さん。

釣り場に着くとまだ薄暮で、周りを見ると夜焚きイカ釣りの船は見当たらず、暗くなると景色も一変して幻想的になってくる。

私はイカメタルにエサ巻きスッテを付けて釣りだす。

船長から「海底から5mまでを探って釣ってください」と言われる。

釣り始めて3~4回誘いをかけていたところ、サオ先にガツンとイカが乗ったことが分かり、巻き上げるとかなりの抵抗があって、上がってきたのは30cm級。

 

船尾の方が騒がしくなり、久末さんにアタリがでて、上がってきたイカの胴長が36cmあり、エサを聞いてみると鳥のささ身にきたようだ。

その後はイカの乗りが悪く、船長も釣られていてイカがスッテを抱くのだが、途中でスッテに刺さらず逃げてしまう。

潮止まりで入れ掛かり&パラソル級も登場

9時の潮止まりからはイカの動きも良くなってきて、パラソル級も顔を見せだしてくる。

それも海底(56m)からリールの巻き上げスピードを1で巻き上げていると、40mの所でサオが急に曲がり、リールからイトが出ていく引きになる。

みんな入れ食い状態だった。

上がってきたイカは胴長47cmで、船長は「パラソル級は海底から浮いてこない」と言っていたが、エサの小魚を追って浮いてきていたようだ。

市原さんも私がパラソルを掛けてすぐに同じ大きさのイカを掛け、ニンマリする。

8時ぐらいには「釣れない」とこぼしていたが、入れ掛かりになる。

藤野さんの仕掛けを見るとエダスの長さが40cmで、浮きスッテとエサ巻きを使っていて、浮きスッテにもイカがよく乗っていた。

オススメのエサと今後の夜焚きイカ

いいサイズのイカをゲット。

夜焚きイカ釣りはこれからが本格化となるので、数・型ともに良くなっていく。
パラソル級もこれから良くなっていくと思う。

私がこの日使ったエサは、鳥のささ身を塩漬けにしたのをエサ巻きスッテの長さに切ったもの。

生身を凍らせてエサ巻きスッテの長さに切って持っていって使った。

この日の釣果は1人平均18尾で、釣る人は25尾を超えていた。

エサは「自分はこれがいい」と思ったらそれを使うといいだろう。

船長は釣り人が少しでもいれば出港するので、早めに状況を聞いて予約をするといいだろう。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この船について
祐龍丸
エリア:北九州エリア
出船港:戸畑漁港

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年6月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。