シーズン到来「ワカサギ」の意外と知らない生態 実は海でも生息可能?

シーズン到来「ワカサギ」の意外と知らない生態 実は海でも生息可能?

冬と言えばワカサギ釣りのシーズン。ワカサギがどのようなサカナなのか詳しく知っておくと、さらに釣りが楽しめるかもしれません。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

かなりの近眼

実はワカサギはかなりの近眼だといわれています。2mくらい先のものは見えず、匂いを頼りにエサを探していると考えられています。

氷の上で釣るイメージのあるワカサギですが、全然釣れないこともあるようで、もしかしたらその原因はこの近眼のせいかもしれませんね。

氷上の穴釣りは趣も抜群

多くの方がイメージするワカサギ釣りは「氷上の穴釣り」でしょう。

冬の間、凍った湖面にアイスドリルで穴をあけて、サビキの仕掛けを垂らす釣りです。これからさらに寒さが増すと氷も分厚くなり、いよいよワカサギ釣り本番といたところでしょう。

寒い湖面の上でじっとしておく必要があるので、忍耐が必要な釣りではありますが、テントを持参し、暖を取りながら釣り、釣ってすぐ天ぷらにて食べることが出来るため、このご時世でも思いっきり楽しめる釣りです。

ワカサギのことがちょっとだけ詳しくなった今、興味があるうちにぜひトライしてみて下さいね。

シーズン到来「ワカサギ」の意外と知らない生態 実は海でも生息可能?コロナ禍でも楽しもう(出典:PhotoAC)

<近藤 俊/サカナ研究所>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。