大人気『落とし込み』釣りで想定外のマグロ浮上に驚き【山口・入江丸】

大人気『落とし込み』釣りで想定外のマグロ浮上に驚き【山口・入江丸】

山口県長門市油谷の久津漁港から案内中の入江丸にお世話になり、油谷沖へ落とし込みに行ってきた。まさかのマグロが登場した釣行をレポートしたい。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

入江丸から落とし込み釣り

山口県長門市油谷の久津漁港から入江丸にて落とし込み釣り。立て続けに釣行でき、落とし込みは今期3度目。寒波の到来で朝晩は冷え込み、当日もシケ明けで数日ぶりの出船とのこと。午前6時30分に6人で出船。前日からのウネリは若干あるものの、風は問題ないレベル。

大人気『落とし込み』釣りで想定外のマグロ浮上に驚き【山口・入江丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

約30分でポイント到着、すでに遊漁船が何隻か集結している。水深は70m。40mから底付近にベイトの反応があるということで、サミングを入れながら仕掛けをゆっくり落としていく。

まさかの3連続バラシでスタート

すると、早速サオ先に魚信があり、そのまま落とそうとしたとたんにサオ先ごとひったくるアタリ。幸先の良いスタートに気を良くしたのもつかの間、バッテリートラブルで急に電動リールが停止。慌てて手巻きに切り替え電源の接触を確かめるもテンションが緩んでしまい、痛恨のバラシ……。

気を取り直し船の電源に切り替え再開。エサ付きも良くすぐに反応があり、フッキング。しかも先ほどより型が良さそう。ハリス20号の仕掛けなので強気に巻き上げているとフックアウト……。ハリが伸ばされていた。

3度目の仕掛けを投入。相変わらずベイトの反応も良く、すぐに大型魚からの魚信。今度こそと慎重に巻き上げ浮かせたのは70cmくらいのサワラ。しかし、船長がランディングしてくれようとした途端に暴れてハリス切れ……。まさかまさかの3連続バラシ。

ヒラマサ・ヒラメにマダイ

しかし、その後もベイトのウルメイワシは良く付き大型魚からの反応も上々。同船した桂さんには6kgクラスのヒラマサ、沖田さんにはヒラゴやヒラメ、マダイなど好調に釣り上げていく。

大人気『落とし込み』釣りで想定外のマグロ浮上に驚き【山口・入江丸】ヒラマサ浮上(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

私はひたすらヤズが続くものの、3~4kgクラスが連発。しばらくしてようやく釣れた別の魚は30cmクラスのアコウ。昼くらいから徐々にベイトが付かなくなり沈黙の時間が続く。

大人気『落とし込み』釣りで想定外のマグロ浮上に驚き【山口・入江丸】マダイも出た(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

6kgコシナガマグロ浮上!

さらに予報通り風が強まりシケだした。たまにベイトが付いても大型魚からの反応がないことも増えてきた。予定より少し早いが、釣果は十分出たので午後1時の納竿が決まり、最後の1流し。

50m付近でベイトが付いた。底ギリギリの73mまで落とし待つが反応はない。ゆっくり巻き上げる。10mほど巻き上げたところで、ベイトが暴れだしたと思った瞬間にテンションが抜けた。サワラに切られたと思い高速で巻き上げた途端、重量感とともに横に走った。

サワラが食い上げたのかと思いながら巻き上げるも、仕掛けはどんどん沖の方へ。その先には別の遊漁船がいるので、向こうの釣り人と絡んだのか?でも魚信はあるし徐々に寄ってくる。不思議な感覚で巻き取ると魚体が見えた。船長にランディングしてもらったのは6kgのコシナガマグロ。最後の最後に逆転満塁ホームラン!

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。