小名浜沖で良型アカムツ4匹 ゲストは40cm大アジ【福島・第八光勝丸】

小名浜沖で良型アカムツ4匹 ゲストは40cm大アジ【福島・第八光勝丸】

年の瀬が押し迫る12月中旬、高級魚アカムツを求めて福島・小名浜へ。第八光勝丸に乗船し、本命4匹と40cmの大アジなどをゲットした釣行をレポートします。

福島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

第八光勝丸でアカムツ釣り

近年、人気急上昇中の福島・小名浜沖(四ツ倉沖)にてアカムツ釣りをするには、北茨城(平潟港)か、いわき(小名浜港、中之作港など)の船に乗ることになります。この2つの地域の釣り船には、若干料金システムの違いがあります。

平潟の船は乗船料にエサは含まれず別料金で購入、もしくは予め自前で購入が基本となっていますが、小名浜船の乗船料はエサ代込み。小名浜は北茨城に比べて東京方面からだと約20km距離が増えてしまいますが、小名浜拠点船のこのサービスは釣り人にとって嬉しいですね。

ちなみに、ここでいうエサはホタルイカを指しており、サバ短などその他のエサは各自で準備する必要があります。

また、今回乗船した第八光勝丸では、仕掛けは2本バリ統一で1流し1投入方式。小名浜沖アカムツポイントのフロンティア船だけあって、平日でも混み合う人気の船です。オマツリをできるだけ回避するためにこのような対策をとられているようです。

小名浜沖で良型アカムツ4匹 ゲストは40cm大アジ【福島・第八光勝丸】当日乗船した第八光勝丸(提供:WEBライター・尾崎大祐)

ちなみに1流し1投入方式などのルールは、ポイントに着いて準備をしている最中、船長がていねいにアナウンスしてくれます。

タックルと仕掛け

基本、150号前後のオモリが背負える竿に、PEライン3~4号を300m以上巻いたダイワであれば400~500番の電動リールを使用します。波崎沖の「カンネコ根」仕様と何ら変わりはありません。ただし、船中を見渡してみると500番台クラスのリール使用者が大半で、400番台クラスは私含め2人であった事実が物語るように、この海域ではワンランク大きめがマッチしているのかもしれません。

仕掛けは前述の通り、第八光勝丸では2本バリ統一。投入前の準備中、「2本バリを持ってきた人はちょん切って使ってね~」と、アナウンスが入っていました。また、船長の話では仕掛けに付ける光物(水中ライトなど)はなくても良いそうですが、岩礁のポイントを攻める際はマゾイが狙えるため付けた方が良いとのこと。

小名浜沖で良型アカムツ4匹 ゲストは40cm大アジ【福島・第八光勝丸】2本バリ限定でチャレンジ(提供:WEBライター・尾崎大祐)

「次は根があるポイントでやりま~す」なんてアナウンスが入れば、水中ライトやケミホタルを付けたり、大きめのサバ短を付けたりしてみると良いでしょう。

釣り方

釣り方は大トモから順番に仕掛けを投入していく「1流し1投入方式」。一つのポイントでのんびり流す平潟の船とは違って、第八光勝丸ではランガンスタイルでテンポよく流していきます。

ドラグは締めすぎず緩めすぎずが基本。ゼロテンションをキープし、アタらなければ誘いを入れる……といった、基本的なアカムツ釣りと同じでOK。ただし、周りでメバルやマゾイが釣れだせば、少しタナを上げてみるのも一つの手です。状況に合わせて貴重な2本バリを操りましょう。

次のページでアカムツ&大アジ登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。