ウェ―ディングゲームで70cm『モンスター』マゴチ降臨【三重・木曽川】

ウェ―ディングゲームで70cm『モンスター』マゴチ降臨【三重・木曽川】

11月上旬、夕方から三重県桑名市の木曽川下流へ向かう。ここ最近では河口で大きなシーバスが釣れている情報もあり期待して釣行に出掛けたが、まさかのモンスターが登場して…。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でウェーディングゲーム

11月上旬、夕方から三重県桑名市の木曽川下流へ向かった。現地に着いて河川の状況を確認すると、岸際にはたくさんの小魚が群れている。「今日はいい感じだ」とワクワクしながらキャストを繰り返したが、全く反応がない。

そこでウェーディングして、深場を探る作戦に切り替えた。11月に入るとにぎわっていた河川も渋くなるが、今年はまだまだ小魚がいるため諦めずキャストを続ける。地形の小さな変化を見つけ、バイブレーションのヘッドをこの変化した地形に当てていく。

70cmモンスターマゴチ降臨

潮が上げ潮から下げ潮に変わった瞬間だった。リールを巻く手が一瞬止まるほどの強烈なバイトが伝わった。アワせると何度も何度もたたく強引な引きに、クロダイだと思っていた。ただクロダイにしては、格闘中に首振りを何度も繰り返すため、いったい何が掛かったのかと思っていた。

しばらくすると魚体が水面から現れる。その魚体を見て私はあ然とした。肉厚、長さともに驚くほどのマゴチだったのだ。すぐにランディングし、仲間たちの前で計測すると70cm。見たことがないほどのランカーマゴチをキャッチできた。

以前68cmのマゴチを釣り上げたのだが、その時は70cmの壁が高すぎると思った。しかしその数日後、見事に自己記録更新となるランカーマゴチを手に持つことができた。

ウェ―ディングゲームで70cm『モンスター』マゴチ降臨【三重・木曽川】まさにモンスター!ナナマルの壁を突破した(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

今回仲間たちは残念ながら魚に出会えなかったが、仲間たちもワニのような魚体に大興奮して一緒になって喜んでくれたことは、私の中で最高の思い出になった。

今回木曽川の水温もかなり下がっていたため、シーズンオフが近づいているのをすごく感じたが、釣れたらデカイ魚と出会うことができるため、ぜひ木曽川へ足を運んでみてほしい。

流れが速い木曽川は危険も多い。必ずライフジャケットは着用してほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
桑名市・木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年12月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。