【茨城沖2020冬】お正月用のマダコ入手の好機到来 トップ20尾超えも

【茨城沖2020冬】お正月用のマダコ入手の好機到来 トップ20尾超えも

夏の終わりにひと段落したが、年末に向かって再び人気が上昇するマダコ。ここでは、茨城沖のマダコの釣り方を中心に、マダコの調理方法そしてオススメレシピを紹介する。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

茨城沖のマダコ釣況

マダコは東京湾では6~8月と11~12月が多い。

ここ茨城沖では、例年11~12月に盛期を迎え、すでに朗報が聞こえてきている。

常磐のマダコといえばサンマエサを使ったテンヤが主流だったが、東京湾同様のエギダコも目立つようになった。東京湾にくらべて水深が深いため、オモリ80号が基準。根掛かり多発のポイントなのでパワーがあるタックルが望ましい。エギは3個ほど付ける人が多い。釣り方はどちらの地域も同様だ。

【茨城沖2020冬】お正月用のマダコ入手の好機到来 トップ20尾超えも盛期を迎えたマダコ(提供:日立久慈港・明進丸)

マダコのテンヤ釣法解説

ここからはテンヤ釣法を紹介する。

オモリ

テンヤはオモリとして100号くらいのナマリかコンクリートを付けたものを使う。

エサ

エサはサンマ。東京湾や相模湾はカニだが、茨城沖ではサンマのほうが反応はいい。

エサはヒモでくくりつけていく。コツは口をしっかり押さえてくくること。目とエラを避けて尻尾のほうまで縛っていく(ふさぐと内臓から切れて外れやすくなるため)。

投入

投入はイトをある程度床に出しておいて勢いよく投げて行う。投入後、底から離さないのが鉄則。そしてテンヤが底をコツコツたたくか、起き上がる程度に小突く。

アワセ

違和感があったら即アワせる。アワセが効かないとバレやすい。特に潮が流れていないと、乗っただけという感じで途中でのバラシが多発する。

取り込み

タコが乗ったら、船べりにイトを引っ掛けるようにすると安定してたぐれる。巻き上げ中に、止めたり速度を緩めたりするとバレるので注意。

抜き上げ時に船に張り付いて取れなくなることがあるので、思い切りよく抜き上げるか、タモ取りが無難。

【茨城沖2020冬】お正月用のマダコ入手の好機到来 トップ20尾超えも良型マダコが上がっている(提供:鹿島港・不動丸)

ワンポイントアドバイス

○小突きは速度を変えるのも有効

○アワセが遅いとサンマがかじられていることがある

○根掛かり時は慌てずに、イトを一旦緩める。慌てて引っぱると、逆に抜けなくなってしまう。イトを張って緩めてを繰り返すと外れやすい。

【茨城沖2020冬】お正月用のマダコ入手の好機到来 トップ20尾超えもおいしいマダコが狙い目(提供:鹿島港・長岡丸)

次のページでマダコの調理方法を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。