鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】

鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】

11月18日、現在好調の徳島・鳴門沖ジギング釣行。お世話になったのは南あわじ・伊毘発の海幸丸。前情報通りのブリ族入れ食いにヒラメやサワラもヒット。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・二杉あゆみ)

二杉あゆみ

日帰りで気軽に行ける、姫路〜明石、鳴門エリアをこよなく愛する釣り好きアラフォーです。オフショアがメインですが、最近はオカッパリも少し頑張ってます。決して上手くはなくむしろ他者も認める鈍臭さですが(笑)、ハマるとトコトン研究したくなる性格です。男女問わず、気が合う仲間とワイワイ釣りに行くのが大好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

海幸丸でジギング

今年も例年通り好調に釣れているようで、特にブリ系の青物が年中回遊している様子。最近では同じく海幸丸にて、常連が10kg、120cmオーバーのモンスター級サワラを、ラストひと流しで釣り上げたとのこと。鳴門には各魚種のモンスタークラスが潜んでいて、非常に夢があるが海域だ。それでいて自宅から1時間半で着くので、私的にはとっても魅力的なエリアだ。

鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】当日乗船した海幸丸(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

鳴門海峡の釣況

当日は午前6時出船。天気も問題なく良い予報で、むしろ夏日に匹敵するほど気温が上昇するとの予報だった。何せ11月とは思えないほどの暖かい週で、移動中も朝からすでに暑い。

ポイントに到着すると、平日とは思えないほどの船団。現在、釣れているからだろう。坂口船長は前々から「ハマチはようさん釣れる」と言っていたが、船長の言う「ハマチ」は70cm前後のメジロクラスのことだ。それも数匹釣れると腕がパンパンになる予報。

鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】急潮で知られる鳴門海峡(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

タックルはジギングロッド6ft(ML)にリールはジガー1500HG、PEライン2.5号にリーダー40lb。ジグは全員、Dクロウのゴクウスシルバー系250〜300gにワイヤー入りフックをシングルでセット。

水深は50〜70m前後。現在はタチウオパターン真っ最中で、スローにアクションしながら誘って、アタリとヒットを待つ状況だ。

早速のメジロ祭り

「来たよ」と、すぐにメンバーの西山さんにヒット。数田さんにもヒット、船中いきなり忙しくなる。私にも食い上げるようなアタリが…。

鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】筆者にもメジロがヒット(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

左舷トモの尾野さんのロッドにドスンとヒットするや否や、ジジッと良いドラグ音が船中に響き渡る。

ロッドは下ろしたての「イカリ」を使用。バットがやや硬めで、そこそこ張りのあるロッドが弓なりに曲がる。明らかに100㎝前後のブリだ。全員ロッドを上げる中格闘、水面に上がってきたのはメタボ魚体のブリだ。無事ネットイン、96㎝だったがお腹回りパンパンのメタボちゃんだった。

鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】でっぷりと肥えたブリ(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

「サワラが本命やけど、こんなんも釣りたい」と叫ぶ私。午前の時合では70cmクラスが一時入れ食いに。西山さんは10匹近く釣り上げ、イケスはすでに満員御礼。

鳴門沖ジギングで「ブリ族」が入れ食い 好ゲストにサワラも【海幸丸】ブリ、メジロがみるみる増えて(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

次のページはヒラメ狙いに転戦!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。