『メバリング』ステップアップ解説:カサゴしか釣れない時の対処法3選

『メバリング』ステップアップ解説:カサゴしか釣れない時の対処法3選

メバリングでメバルに交じってよく釣れる魚がカサゴ。根にタイトに付くので、そのまま潜られて終戦することも。カサゴとの釣り分けを考えなければならない。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

デイは釣り分け困難

デイゲームのメバリング。日中にメバルを狙う場合は、カサゴとの釣り分けが難しい。メバルは夜になると浮いてくるが、日中は底にベタッと付く。カサゴは日中も夜も底にベタッと付く。つまり日中は、底にカサゴ、メバルが交じることになる。そのため、釣り分けはあまり考えない方がいい。釣れる魚は釣るという感覚でいこう。

ただ、傾向を言うならば、キワのボトムにはカサゴが多い。オープンウォーターのボトムにはメバルが多いようだ。これはおそらく、メバルが割りあい回遊するからだろう。漁港の中でも少しでもベイトっ気や、エビっ気があるところなどを狙い、メバルは動く。

そのため、オープンウォーターの底を、小魚や小エビをイミテートしたダートアクションで狙い打つと、メバルが出やすい。ただ、同様にカサゴも出るので、根に潜られないようにドラグは強めに設定しておこう。

『メバリング』ステップアップ解説:カサゴしか釣れない時の対処法3選デイゲームではオープンウォーター意識(提供:WEBライター・井上海生)

ナイトでカサゴを釣り分けよう

ナイトゲームのメバリング。夜のメバリングでは、カサゴとメバルを釣り分けることが可能だ。考えられることとして、3つほど、カサゴしか釣れない理由がある。それを回避すればいい。

1.ジグヘッドが重すぎる

カサゴしか釣れないという方は、もしかして、ジグヘッドが重すぎないだろうか?たとえば静穏な水深もそこまでない漁港で、1.5gのジグヘッドを使っているとすると、これは重すぎる。水深2m程度なら、5秒でボトムに付く。そうなると釣れるのは、カサゴになる。

メバルは、夜は表層に付く魚なので、基本は1g以下のジグヘッドで狙おう。

『メバリング』ステップアップ解説:カサゴしか釣れない時の対処法3選ジグヘッドはアンダー1gが基本(提供:WEBライター・井上海生)

2.コースにタイトすぎる

キワ、テトラ、岩礁帯。どのような場所でも、コースにタイトにすぎると、メバルがカサゴになる。

キワの場合、キワにリグを寄せすぎるといけない。壁に張り付いているカサゴがバイトしてくる。コースをやや甘めにして、表層を狙い打ちしよう。テトラ、岩礁帯の場合は、コースもそうだが、オープンウォーターでも、横のトレースでも、レンジがボトムにタイトになるとカサゴになる。このようなメバルの「ホーム」ともいえる場所ではただでさえ個体数が多いので、まず、コースにタイトになる必要はない。やや甘めを意識して打てばいい。

3.レンジキープ

何よりレンジに注意だ。必ずメバルの着き場所である「表層」だけを意識し、リグが沈まないように管理しよう。そのためには、PEラインの浮力を使いながら1gアンダーの軽量リグを使用するのが、一番簡単だと思う。

次のページで「ジグヘッドの重量」に着目

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。