【大阪南港2020】冬の湾奥メバリング攻略法 尺メバルも射程圏内

【大阪南港2020】冬の湾奥メバリング攻略法 尺メバルも射程圏内

豊富な釣りものがある大阪南港。秋~冬はタチウオに目が行きがちだが、メバルも狙ってほしい。リリースメインとなりがちなエリアなので、良型がよく出るのだ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港のメバリング状況

湾奥で海水温が若干高い大阪南港は、メバルのシーズンがやや遅れて始まる。12月くらいから釣れ出して、4月くらいまでは順調に釣れるが、5月には少し難しくなる。筆者の感覚としては、GWの連休を過ぎると、もう釣れないイメージだ。

2020年に関していえば、今のところ(最終釣行11月15日)、まだメバルは出ていない。今年は寒い冬だといわれているが、海水温は気温から1か月遅れでくるので、11月もこの暖かさ(これを書いている本日は日中最高気温が24℃)ならば、12月のスタートももしかすると遅れるかもしれない。

ちなみにタチウオも遅れており、アジも一部のポイントでしか釣れないので、今はカサゴに遊んでもらうのが良いと思う。

【大阪南港2020】冬の湾奥メバリング攻略法 尺メバルも射程圏内シーズン本番まではカサゴが相手(提供:WEBライター・井上海生)

レンジキープ釣法が基本

釣り方はレンジキープ。これが基本だ。シーズン序盤はまだしも、リリースメインで学習するメバルはスレていて、ただ巻きで食わせるのが難しい。特によく目立つシャッドテールでリトリーブすると、そこで釣れる可能性のあるメバルがワームを見切ってしまうので、最初からピンテールのワームを「止め」で使って誘った方が良いと思う。

ワームのシルエットを、思い切って大きくするのもいい。大阪南港でメバリングしているアングラーの多くは、1.5inch前後の、ごく一般的なメバリングワームを使用しているように見える。賢いメバルはもちろん、連日投げられるその大きさは見切る。そこで、ワームのシルエットを上げて釣ってみると、反応がかわることがある。

【大阪南港2020】冬の湾奥メバリング攻略法 尺メバルも射程圏内大きめのワームで釣ってみることも(提供:WEBライター・井上海生)

尺メバルも狙える

大阪南港は湾奥エリアで、水色(すいしょく)が良くなく、あまり水質も良いイメージではないせいだろう。メバリングする人も、リリースメインのようだ。
これは個体数が一定程度に保たれる意味で良いことでもあるが、メバルをスレやすくする難しさも生む。ただ、リリースメインのおかげで、ポイント次第では、尺クラスが連発するので、私としては大阪湾近郊では南港のメバリングが一番面白い。

【大阪南港2020】冬の湾奥メバリング攻略法 尺メバルも射程圏内良型が多い南港エリア(提供:WEBライター・井上海生)

だが、肝心なポイントが限られるのが残念なところだ。釣りができる場所が少ないので、入ったポイントで長く釣るために、スレさせないような「静」の釣りを心がけたい。

大阪南港のメバリングのコツとしては、焦らずにワームを表層に止める。これに尽きる。反応がない時はコースを疑う。際に甘くなっていないか、また逆にタイトすぎないか。参考までに、アジが同じエリアに混泳している時には、メバルは壁にピタッと張り付く傾向があるようなので、一度前に投げてアジが釣れるようなら、壁際10cm以内を釣るように意識しよう。

次のページで大型ゲスト対策を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。