初心者でも憧れの『高級魚』が釣れる 相模湾アマダイ釣りのススメ

初心者でも憧れの『高級魚』が釣れる 相模湾アマダイ釣りのススメ

秋~冬場の沖釣りターゲット「アマダイ」。最近は、料理「松笠揚げ」がテレビで取り上げられ、ひと際人気。シンプルな仕掛けで狙えるので、沖釣り入門や女性アングラーにもお勧めです。今回は、そんなアマダイ釣りの基本的なタックルや釣り方、実釣記事を紹介します。

神奈川のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・金澤美穂)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アマダイタックルについて

まずはアマダイ釣りのタックルについて紹介します。

竿&リール&ライン

アマダイ釣りの一般的な道具立ては、7対3調子の全長1.8~2mの竿に中型電動リール、ミチイトはPEライン2号200~300m巻きます。個人的には誘いやすい硬めの調子がお気に入りです。

アマダイ釣りの仕掛け

仕掛けは、腕長30~40cmの天ビンに、全長2mハリス3号2本バリの吹き流し仕掛け。オモリは60~80号を使用。ライトタックルを推奨する船宿はミチイトPEライン2号以下でオモリ40~60号になります。

アマダイ仕掛けのエサ

エサはオキアミ。違和感なく食わせるために、形が整ったしっかりしたもの(片目が取れていたり潰れているものはダメ)を選ぶこと。

初心者でも憧れの『高級魚』が釣れる 相模湾アマダイ釣りのススメハリはOHケイムラ甘鯛(提供:週刊つりニュース関東版・金澤美穂)

尾羽根をハサミでカットしたら、ハリを通します。軸の長い専用鈎を使うことで、エサ付けしやすくエサ持ちもよくなります。変色防止と、身を締めるためオキアミにハチミツをかける人もいます。

アマダイ釣り方基本

次に誘いについて。仕掛け着底後、オモリで底を数回小突き、砂煙を立たせてアピール。1mほど巻き上げたら少しステイ。このあと、大きくゆっくりと竿を上下させて誘う→止めて食う間を与えるを繰り返していきます。

しばらく誘ってアタリがなければ、一度仕掛けを回収してエサのチェック。

タナ取り攻略法

アマダイ釣りはタナ取りがもっとも重要。仕掛けの長さが2mの場合、底上1mを基本に、潮の速さやアマダイの活性、エサ取りの有無などの諸条件によってタナはもちろん、誘い方や仕掛けの長さ、ガン玉を付けるなどいろいろ試して、その日のアタリパターンを見つけることが大事。上バリのオキアミにも泥が付いていたらタナは低すぎです。

1.  底が取れないような潮が速いときは、オモリで底を取りながら誘います。下バリ上30~40cmの辺りにBのガン玉を付けてみるのもあり。

2. ラインが斜めに流れる程度のときは、50cm~1mほど上げます。

3. ナギで潮がまったく流れていないようなら、1.5~2m底を切ってもよさそう。
いずれも、水中の仕掛けがどの位置で、どんな動きをしているのかイメージしながら誘うのが大事。大きく誘って食うときもあれば、細かくフワフワさせたり、鋭く誘ってリアクションで食わせたり…。もちろんフォールパターンもあります。

アマダイ釣りは魚種多彩で、美味しいゲストばかりですが、なかなか本命が釣れないときはタナが違っていることも。掛かってくる魚によって、大まかなタナを察知することもできます。

トラギスやホウボウ、ムシガレイ(ガンゾウビラメ)が食ってくるときはタナが低め。逆に高すぎるとサバやキダイが多く掛かります。「ヒメコダイ(アカボラ)が釣れるとタナが合っている」と言われています。あまりにもゲストばかり連発のときは、あまり仕掛けを動かさず、底も小突かずに静かにタナで待つのも手ですよ。

次のページの実釣編でアマダイが登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。