【関東2020】秋~冬の人気ターゲット紹介 船『イシモチ』釣りのキホン

【関東2020】秋~冬の人気ターゲット紹介 船『イシモチ』釣りのキホン

これから好機を迎える沖釣りのターゲット「イシモチ」を紹介。手軽に狙える半面、数を釣ろうと思えばそれなりの工夫も必要な人気釣り物だ。

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣り方

次に釣り方を紹介。

エサの付け方

エサは青イソメで、チョン掛けか1~2匹を追加した房掛け。

【関東2020】秋~冬の人気ターゲット紹介 船『イシモチ』釣りのキホンエサ付け例(作図:週刊つりニュース関東版)

誘い方~巻き上げ

釣り方は、海底の起伏に合わせて、オモリが船の揺れでトントンと底をたたく位置をキープするのが基本。極端に誘うことは不要だが、ゆっくりと竿を持ち上げて50cm~1m聞き上げたり落とし込むと有効なことがある。

【関東2020】秋~冬の人気ターゲット紹介 船『イシモチ』釣りのキホン誘い方のイメージ(作図:週刊つりニュース関東版)

最初のアタリは、派手に竿先をたたくように出る。しかし、ここでアワセを入れてもハリ掛かりすることは少ない。ガガッという前アタリがでたら、そのアタリを消さないよう、ゆっくりと聞き上げていくと、魚は追い食いしてくる。

そして、魚が反転して竿先が持っていかれたところでハリ掛かりするイメージ。向こうアワセだが、前アタリを消さないように待つことが大切。

掛かると力強い抵抗を見せるので、竿を立てて構え、竿の弾力を生かしながら一定のスピードで巻き上げる。

イシモチは血抜きしよう

イシモチには血にやや独特の臭みがある。そこで、アフターフィッシングを有意義に楽しむためにも釣り上げたらすぐに血抜きしたい。ノド元部分をエラとともにハサミで切ってバケツに泳がせておき、血が抜けたらクーラーに入れればいい。

【関東2020】秋~冬の人気ターゲット紹介 船『イシモチ』釣りのキホンダブルでヒットすることも(撮影:週刊つりニュース関東版)

<週刊つりニュース関東版/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年11月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。