早朝アジングで良型26cm手中 時合狙って数釣りも満喫【福岡・志賀島】

早朝アジングで良型26cm手中 時合狙って数釣りも満喫【福岡・志賀島】

毎週恒例となっている福岡市・志賀島へライトゲームに出かけた。広範囲に探って、夜明けまでに良型のアジが連続した釣行をレポートしよう。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でアジング

10月26日、月曜日が休みだったので午前4時30分に起床して福岡・志賀島の弘(ひろ)に向かう。5時すぎに到着すると、平日の特権で車も少なくポイントには入れると安心。おそらく日曜日はすごいことになっていただろう。

アジングタックルとサゴシかイカを狙う場合に備え、エギングタックルも準備。テトラを昇り降りし、先端近くまで行くと、そこにはアジングの先行者。私は先まで行かず、かなり離れた場所で自由にキャスト。広範囲に狙ってストレスなく試すことに。

早朝アジングで良型26cm手中 時合狙って数釣りも満喫【福岡・志賀島】当日の釣り場周辺図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

1尾目は24cmアジ

1.2gのジグヘッドとワームをセットし、テトラ沿いをジグヘッドただ巻き。右に左にキャストしてフリーフォール、テンションフォールと探る。

早朝アジングで良型26cm手中 時合狙って数釣りも満喫【福岡・志賀島】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

前の週はカマスの群れもいて、ラインブレイクもあったのだが、この日は留守の様子。そこでアジングに絞りテンションフォールさせていくと「コン」とアタリ。アワセを入れるとドラグが「ジジッ」と滑る。今回も良型アジの引きを感じることができた。

エステルラインなので無理はできず、アジのダッシュを楽しみつつもハラハラしながらやり取り。キャッチできた1尾目は24cm。やはり良型である。

26cm良型アジ登場

2尾目はかなり走る。重量感たっぷりで「ラインブレイクしないでくれ」とランディング。26cmとこれはいいサイズ!ぽつぽつとキャッチしていき、そして急な走りに負け、ラインブレイクをしながら夜明けまで楽しむ。

早朝アジングで良型26cm手中 時合狙って数釣りも満喫【福岡・志賀島】釣って楽しく食べて美味しいアジ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

6時ごろ、アジングの人がやってきて、テトラ先端に2人、私が中ほどでやっていたが、日が昇ってくると少し渋くなり先端にバイトが集中してきた。

ここで私も先端側に移動。先端部は漁船の出入りが激しく注意が必要だが、沖堤防と距離が近く狭い分、潮の流れができて1級のポイントである。暗い時間は広範囲にいたアジは、明るくなるにつれ狭い範囲を回遊している様子。そして時合いは7時ごろまでと約2時間もない。

時合い終了で納竿

先行者は十分釣ったのか出勤前なのか7時前に帰ったので、私は釣座を先端に移し沖堤防の回遊アジを狙う。時合いは過ぎているため、アタリは遠いがお土産はキープできていたので、あとはゲームを楽しむ。

ジグヘッドの重さ、キャスト方向、ワームのカラーなど変更を繰り返し狙ってみたが、時合いは正直である。7時30分に釣り場を後にした。

例年、年末まで夜間やマヅメ時に20cm超えのアジは志賀島、奈多、新宮で釣れるはずである。皆さんも、おいしく楽しいアジングに挑戦してみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。