釣行後の絶品料理に舌つづみ!小川で楽しむ小アユ釣り【滋賀県・芹川】

無性に小アユが食べたくなり、4月29日は主人を誘って滋賀県彦根市の芹川に出かけた。小アユ釣りは20数年ぶりなので詳しいことは分からない。取りあえず仕掛けやエサを用意して現地へ行ってみた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

ウグイばかりのスタート

今回小アユ釣りに釣行した芹川。

午前6時前に到着すると、早くも多くの人がサオを出していた。

河口に向かって釣り人の様子を見学する。

常連らしき男性がポツリポツリと釣り上げていたが、活性が高いとは言えないようだ。

取りあえず後三条橋下流左岸の空いていたポイントでサオを出してみることにした。

冷凍のシラスミンチを小アユ専用のサビキカゴに詰めて振り込み、上流から下流にゆっくり流すとヒット。

小アユにしては大きなアタリだなと思いながらサオを立てるとウグイだ。

少しずつポイントを移動しながら流していく。

しかし小アユの反応はない。

1時間ほどして隣に入った男性にヒット。

立て続けに3匹釣り上げたので、横で見学させてもらった。

当日のタックル。

流し方に大きな違いはないが、どうやらエサが違うようだ。

その男性は釜揚げシラスを使っているとのこと。

それを他のものと配合していた。

また水温が上がると活性も高まるそうで、「今からだよ」とアドバイスしてくれた。

あとから調べてみると、エサの配合はさまざまで、それぞれ工夫しているようだ。

すると、退屈そうにしていた主人が「探してくるね」と言って出かけ、しばらくすると釜揚げシラスを手に戻ってきた。

時間が早いためスーパーは開店前だったが、コンビニで見つけたらしい。

師匠のアドバイスでついにゲット

さらに、所属しているJOFI愛知の仲間で、渓流釣りの師匠でもある小池さん「芹川の好ポイントをご存じありませんか?」とメールしてみた。

するとすぐに電話があり、丁寧にポイントを数カ所教えてくれた。

当然、一番のお勧めという右岸のポイントには先客がおり、2人が入るスペースはない。

次にお勧めだと聞いたポイントへ行ってみると空きスペースがあった。

早速投入すると12cmの小アユがヒット。

ダブルヒットもあった!

午前6時から釣りを始めて2時間半が経過、ようやく小アユを手にできた。

それからも連続ヒット。

しかも驚いたのは良型ぞろいということ。

11~13cm中心だが、時には14cmの小アユも釣れる。

眺めていた主人にもサオを出すよう勧めると、ようやく釣り開始。

しばらく2人で入れ食いタイムを楽しむ。

ほんの少しポイントがずれるとウグイの入れ食いだった。

しばらくするとアタリが遠のいてきたためウキの高さを変えてみたが、全く反応がなくなってしまった。

やはりタナは重要なのだ。

元に戻すとアタリが出た。

それからもコンスタントに釣れ続けたが、正午に納竿した。

当日の釣果は2人合わせて9~14cmの小アユ98匹とウグイ多数(全てリリース)。

フライと南蛮漬け。

主人はサオを出す時間が短かったので、これだけ釣れたら上出来だろう。

その後は琵琶湖湖畔をドライブしたり、彦根の城下町を散策したり。

クラブハリエのバームクーヘンと知人の店(甲良町の一休庵)で豆腐を買い、長浜のあねがわ温泉に寄って滋賀を満喫した。

釣った小アユはエラとハラワタを出してフライと南蛮漬けにしたが、大変おいしく病みつきになりそうだ。

また近いうちに釣行したいと思う。

 

 

<週刊つりニュース中部版 APC・JOFI愛知・森麻里子/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
芹川周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年5月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。