『メバリング』ステップアップ解説:「止め」で釣る『レンジキープ釣法』

『メバリング』ステップアップ解説:「止め」で釣る『レンジキープ釣法』

メバリングで「止め」の釣りは超有効。止め=「レンジキープ」というこの釣り方を覚えてしまうと、メバリングのみならず、釣りの腕が格段に上がるだろう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングにおけるレンジキープ

「レンジキープ」とは、主にアジング界で使われる用語だ。一定の水深に、リグを定位させる(止める)ことを言う。この方法で、じーっと海中に留まっているワームをプランクトンと思ったアジが、パクッと食ってくる。

アジングにおいてはこのレンジキープをその日のアジの付いているレンジに合わせて、あらゆる水深で攻めていくが、メバリングではメバルのレンジはいつも明白である。それは表層、または表中層(少しレンジを入れた表層)のことだ。

表層はよく知られているが、「表中層」はどうだろうか。これを意識すると、特に渋い状況で、釣果ががぜんかわってくる。メバルは、確かに基本は表層についているが、何らかのプレッシャーがかかった状況だと、少しレンジが入り、捕食も慎重になる。そこで、表中層でワームをナチュラルに溶け込ませるレンジキープは、シビアコンディションにおける究極のメバリング術だといえる。

『メバリング』ステップアップ解説:「止め」で釣る『レンジキープ釣法』レンジキープで良型数釣り(提供:WEBライター・井上海生)

レンジキープの方法

リトリーブの釣りと比べて、レンジキープの釣りは、ややテクニカルではある。

ジグヘッドは最軽量のものを

まず、ジグヘッドを、その場の海の条件で通用する限界まで軽くする。メバリングにおいては、0.4gが基準だろうか。波止のキワを狙うときは、それを足元に落として、釣り人が歩いてコースを作る。キャスティングでは、垂らし(サオ先から出したリグまでのラインの長さ)を長めにとって、遠心力でふわっと飛ばす。

「張らず緩めず」を意識

着水したら、即座にイトふけ回収。そして、ラインテンションを「張らず緩めず」の状態をつくる。「張らず緩めず」がわかりにくければ、最初は「張る」でいい。そうして、そこから先は、基本的に何もしない。ラインテンションを張っておけば、サオとラインの角度とリグの重量で、振り子の要領でリグが自然に釣り人側に戻ってくる。

ただ、リグが釣り人側に戻るときに、ラインスラック(イトの弛み)ができる。それを微妙なリーリングで、少しだけ取ってやる。そうしてサイレントに、サイレントに、釣る。

ワンポイントアドバイス

もっとうまくレンジキープするワンポイントアドバイスは、サオを持った手を、ゆーーーっくりと持ち上げるように操作することだ。そうすると、リグが沈みすぎるのを防げる。

アジングにおいては、このレンジキープを、ジグヘッド重量をかえ、水深をかえ、そして軽いアクションをつけて、その場の状況や魚の機嫌に合わせて展開する。だが、メバリングではそういう操作はほとんど不要である。ただ表層、または表中層を、サイレントにレンジキープすればいい。

『メバリング』ステップアップ解説:「止め」で釣る『レンジキープ釣法』腕ごとゆっくり持ち上げる(提供:WEBライター・井上海生)

次のページでレンジキープのメリットを紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。