【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。タチウオ釣りでは指幅9本の神龍サイズ筆頭に良型多数。タイラバでは大ダイ80cmオーバーの姿も。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:Soyamaru)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:海人丸

11月1日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、島原沖にタイラバ、テンヤでマダイ釣りに出船。写真の菊池市の富田さんが釣り上げた80cmオーバーの大ダイを筆頭に良型も多く交え数ヒット。ほかアコウやヒラメも交じっており、多彩な釣果。今後も好土産が期待できる。タチウオも出船中。ドラゴンサイズ交えヒットしている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ80cm大ダイ手中(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ

熊本県:共栄丸

11月2日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にタイラバ、テンヤでマダイ釣りに出船。写真の乗船者が仕留めた70cmの大ダイを筆頭に良型も多く釣れ、数ヒットした。連日20尾以上釣れており、今後も好釣果が期待大だ。タチウオも出船中。ドラゴンクラス交え釣れている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ70cmゲットだ(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

大分県:みくに丸

11月1日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖のタチウオ釣りに出船。写真のドラゴンサイズなどが船中に取り込まれた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐドラゴン登場(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

大分県:照陽

10月30日、大分県大分市西細港から照陽が大分沖のタチウオ釣りに出船。船長は「出ました!神龍、指8本」と話すドラゴンサイズがひと流し目に船中に取り込まれている。指7本幅サイズ含め良型多めの釣果となっている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐタチウオ大型ゲット(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:貴丸

10月31日、大分県杵築・納屋港の貴丸が大分沖のタイラバに出船。柴田さんグループのメンバーで渡辺さんは1人でマダイを写真の好捕。マダイは1~3kgがヒット中だ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ良型ずらり(提供:)
▼この釣り船について
貴丸
出船場所:納屋港

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第二Soyamaru

10月31日、大分県杵築・納屋港の第二Soyamaruは大分沖のタチウオ釣りに出船。朝からウネリと、エサが取られることが多い人もいるタフコンディション。その中で30cmの尺サイズのカワハギも上がっており、クーラーに良型のカワハギ交じりで土産をキープ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐカワハギ上々(提供:第二Soyamaru)

第三Soyamaru

11月2日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruは大分沖のタチウオ釣りに出船。釣り開始からタチウオ小ぶりサイズ~ドラゴンサイズ交じりが順調に船中に取り込まれ、さらにドラゴンサイズのラッシュタイムもあり、指7本幅サイズが多数ヒットする中で神龍サイズの指9.5本幅、8.5本幅、8本幅が釣り上げられていた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ迫力満点の指幅9本(提供:第三Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9.5本『神龍』級タチウオ浮上相次ぐ

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年11月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。