今さら聞けないメバリングのキホン:『エステルライン』の使いドコロ

今さら聞けないメバリングのキホン:『エステルライン』の使いドコロ

エステルラインといえばアジングでその名を知られた素材だ。しかし、メバリングにおいてもエステルラインが有効な場面が多々ある。そんな状況を解説したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングにおけるエステルライン

メバリングにおいてエステルラインの出番はあるか?答えは「イエス」である。水に対して比重の重いエステルラインは、何かと便利なラインだ。アジング「専用」と思われがちだが、メバリングにも「兼用」でき、さらに優先的に使用すべきシチュエーションもある。今回はメバリングにおいて、エステルラインが有利なシチュエーションを紹介したい。

利点

メバリングのメインラインの主候補は、PEラインか、フロロカーボンラインだ。エステルラインは後回しにされがちだが、便利な面が多いし、個人的に私はかなり好きなライン素材でもある。

エステルラインの特徴は、まず、水に対する比重がおよそ1.48と重い。これに対し、PEラインは0.98程度。比べると明らかに、エステルラインは「水なじみが良い」。感覚的に言うと、すっと水に入っていく。特に軽量リグを使った際にその使用感が顕著だ。

欠点

ただし欠点もある。それは、号数に対する張力限界が弱いこと。0.3号でも、1.4lb程度しかない。リーダーとの結束でさらに若干落ちるので、実質、500g程度の魚しか垂直に持ち上げることができない。つまり、メバリングに使用するにしても、抜き上げが難しい個体もいる。さらに、素材の、ライン同士が「ひっつきやすい」性質上、バックラッシュが多くなる。これは練習して減らすしかない。

ただ、この張力の弱さについては、ドラグの設定で大部分が補える。簡単に言うと、ゆるゆるに設定しておけば、ラインがずるずる滑って出ていくので、ほとんど魚の引きで切れることはない。筆者も現にエステルラインでチヌやシーバスなどの大型ゲストを相当数取っている。

今さら聞けないメバリングのキホン:『エステルライン』の使いドコロエステルラインで釣ったキビレ(提供:WEBライター・井上海生)

感覚的に、8割は取れる。現にメバリングをしていると、大型ゲスト襲来はよくある。特にこの手の魚影が濃い湾奥エリアでは、ドラグは緩めの設定にしておこう。

強風下での有利な点

強風下でのメバリングでは、エステルラインが活躍する。水なじみの良いエステルラインだと、強風時でもレンジキープの釣り、リトリーブの釣りがしやすい。風の感覚に慣れれば、あえてその風を利用して1g程度という少し重めのジグヘッドを使い、ナチュラルに表層ドリフト(リグの漂わせ)をする…、という技もエステルラインならばできる。

PEラインと比べて強風時の釣りの違いは顕著だ。比重の軽いPEラインの先についているリグは、強風時は海面から出ているラインが吹き上げられるままに、簡単に浮いてしまう。

ただ、実は「強風の吹き上げ」に関するラインの弱点は、PEラインもエステルラインも、そこまでかわらない。同じように吹き上げられるのだ。ただ、水中での水なじみがよいエステルラインの方が、リグを海中に定位させやすいという強みがある。また、ロッドティップを下げて操作することで、エステルの場合、吹き上げそのものもかなり低減できる。

今さら聞けないメバリングのキホン:『エステルライン』の使いドコロ強風時は竿先を下げて釣る(提供:WEBライター・井上海生)

アジの混泳時に出番

メバリングをしていてよくあるのが、ずっと波止際を狙っていたのが、ちょっと気分をかえて前に投げた時に、アジがヒットするというものだ。つまり、ある一定の範囲に、メバルとアジが混泳している時は、エステルラインの出番である。

特に常夜灯の明暗打ちでは、「明」に打てばアジ、「暗」に打てばメバル、というパターンがよくある。最初から常夜灯エリアにエントリーするつもりならば、エステルラインを準備していくことをオススメする。

今さら聞けないメバリングのキホン:『エステルライン』の使いドコロアジの群れが居ればそのままアジングへ(提供:WEBライター・井上海生)

ご存知のようにアジは非常に繊細なバイトを出す魚で、比重の軽いPEラインが水中で弛んだ状態だと、フッキングしない。無理にアワせようとすると、糸鳴りが海中に響き、せっかくのアジの群れをスレさせてしまうという、残念なこともありえる。

海中でラインが一直線に近くなるエステルラインならば、ナチュラルにアジの口に合わせられるので、メバリングメインでも、アジが混泳している時はエステルラインを使おう。

次のページでエステルの「推奨号数」を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。