イカダエギングでアオリ&コウイカ 今期はロングランの予感?【三重】

イカダエギングでアオリ&コウイカ 今期はロングランの予感?【三重】

イカダでのアオリイカが絶好調の三重県・南伊勢町迫間浦。日乃出屋では、10月は釣果が右肩上がりで、1kg近いサイズも。良型オアリイカの釣果を期待して釣行してきた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

日乃出屋でイカダエギング

10月27日の早朝、日乃出屋の大下船長に実績のあるイカダに渡してもらい、すぐにエギングをスタート。

ロッドは7ft前後に、シマノ3000番のスピニング、ラインはPEライン0.6号、リーダーフロロカーボンライン2号のベーシックな道具立てだ。エギは様子見でエギ王Q3号のオレンジをセット。

イカダエギングでアオリ&コウイカ 今期はロングランの予感?【三重】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 谷川智)

濁りの影響かアタリなし

岸際のブレイクめがけてキャストする。着底を確認したら細かいピッチのシャクリを4~5回入れ、その後のフォール中のラインの動きに集中する。風もなくエギングには絶好の条件。だが、朝一のチャンスタイムのはずだが、アタリはない。

気になるのは雨も降っていないのにしっかり入っている濁り。シケも大雨もなかったので、こんな濁りが入るはずはないのだが…。

その影響か、アタリは全くない。エギを2.5号にサイズダウンし、シャローをなめるようにトレースしていくが、状況は変わらない。

ボトム狙いで本命キャッチ

ここで突然起きた派手な水音。見ると目の前で青物らしきド派手なナブラが出ている。コイツらのせいか!となると狙いはボトムオンリー。エギの移動距離を抑えるため、シャクリを2回までとしボトムべったりを攻めていく。

すると、着底前のラインがピンッと弾かれてシュッと引き込まれた。ところがアワせても思ったほどの重量感はない。スルスルと上がってきたのは、コロッケ級のアオリイカだ。

1kg近い良型を期待していただけにちょっと拍子抜けだったが、まずは1匹を手にして安堵。

イカダエギングでアオリ&コウイカ 今期はロングランの予感?【三重】コロッケサイズのアオリ(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

コウイカを追釣

続けて表層までシャクり上げてきたエギの後ろに、黒い影を発見。すかさずステイさせると一発でエギを抱え込んだ。だがコレもコロッケ級。う~ん、小さいヤツばかりか…。例年であれば10月後半になれば、そこそこのサイズがそろうはずなのだが…。

その後、ボトムでコウイカ、コロッケ級を追加して昼で終了とした。

イカダエギングでアオリ&コウイカ 今期はロングランの予感?【三重】迫間浦に多いコウイカ(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

次のページで今後の展望を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。