玄界灘でジギングヒラマサ 7kg級頭に良型顔出し【エル・クルーズ】

玄界灘でジギングヒラマサ 7kg級頭に良型顔出し【エル・クルーズ】

10月中旬、玄界灘へヒラマサメインのジギング釣行。前半はノーフィッシュと苦戦、ランガンで後半はなんとか立て直した。タフであったが楽しむことができた一日をレポート。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

エル・クルーズでジギング

釣行当日の朝イチはやや風が強い状況であったため、この日はエル・クルーズでいつもより遅めの午前8時に拠点となる箱崎港(福岡市東区)を出船。

まずはキャスティングを絡めながら攻略しようと思い比較的近場のポイントに向かうが、平時にも関わらず狙いのポイントでは船団ができていたので、そこのポイントは諦めてほかのポイントへと向かい釣りをスタート。

かなり実績の高いポイントから入るが、魚探は好反応を示す割にアタリはない。風と潮がケンカして船が流れずに効率は悪い状態ではあったが、かなり細かく攻めてみても魚からの反応は返ってこなかったので、淡い期待を打ち砕かれながら次のポイントへと向かう。

玄界灘でジギングヒラマサ 7kg級頭に良型顔出し【エル・クルーズ】ジギングタックル例(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

前半はノーフィッシュ

しかし、その後もいっこうに魚がヒットすることはなく刻一刻と時間はすぎていき気付けば正午すぎ。遅めに出船したといってもさすがに未だノーフィッシュというのは珍しく次第に焦りが出始め、釣り人の集中力も限界に近い。

お土産稼ぎでSLJ・タイラバに移ろうかとも提案したが、ジギングで頑張れるということだったので、いったん気を落ち着かせるために20~30分ほど休憩した後、エリアを大きく替えてジギングを再開。

5kg頭にヒラマサ連発!

すると再開後すぐにこの日待望のヒット。サイズは4kgほどではあったが、ようやく手にすることができたこの日初めてのヒラマサだ。胸をなでおろすのも束の間、直後にまたヒットしたがこちらは残念ながらラインブレイクとなった。

しかし、立て続けにヒットし次第に船上の士気も上がり、次のポイントではここでも明らかな良型のラインブレイクもあったが、5kgサイズを頭に連発。

玄界灘でジギングヒラマサ 7kg級頭に良型顔出し【エル・クルーズ】ラインブレイク後にリベンジした1尾(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

7kgヒラマサも登場

その後のポイントでは7kgまでサイズアップすることに成功し、ダブルヒット。

玄界灘でジギングヒラマサ 7kg級頭に良型顔出し【エル・クルーズ】当日最大の7kgほどのヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

おまけにこの日ジギング初挑戦だった人も無事にヒラマサをキャッチすることができた。

この後もランガンを続けてあわよくばと連発を期待して夕マヅメの時間いっぱいまで釣りを楽しんだが、連発を堪能することなくタイムアップ。しかし、前半の釣況を考えると後半はなんとか立て直すことができて、タフであったが楽しむことができた一日となった。

玄界灘でジギングヒラマサ 7kg級頭に良型顔出し【エル・クルーズ】初挑戦で見事にキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。