ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】

ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】

10月16日、佐賀唐津市のきずなまりんからティップランエギング。数は伸びなかったが良型のアオリイカをゲットした釣行をレポート。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

きずなまりんでティップラン

10月16日、今季初のティップランエギングへ。遊漁船は唐津市肥前町大浦のきずなまりんを利用した。

午前6時に出港予定だが、皆早めに集合したので、10分前に出港。やや風予報だが、ティップランには最適かなと船長と話し釣座を決める。私の釣座はミヨシになり40分の航行の間、ドキドキしながらタックルを準備。

ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ポイントは長崎県青島沖の水深16m。ボートエギングではカケサガリ、カケアガリと目まぐるしく変化し、水深と船の流れ方を読むことは、陸っぱりよりはるかに状況判断が難しい。

まずは底取りをしっかりするために、エギ3号(23g)にシンカー20gを追加して様子を見る。PEライン0.4号なので、しっかりと把握できる。軽くしてもよいが、まずは様子を見て判断。

700g良型アオリ浮上

すると、隣の人に幸先良くヒット!秋イカらしいサイズのアオリイカ。負けじとエギにアクションを加え、ピタッと止める。ティップランでは、アクション後の止めた時にアタリがでるので、しっかりとエギを安定させるのがコツである。

ティップがコツンとアタリをとらえた。アワセを入れて「ギュンギュン」と心地よいジェット噴射が最高!まずは500gほどと陸っぱりサイズよりは大きいのが嬉しい。

そして、潮の流れと風がちょうど良く、同船者にも次々にヒット!私も2尾目を狙うが釣れるのは同船者ばかり。沈黙が続き、とうとう潮が止まってしまった。

そこで、船長のアドバイス通りシンカー20gを外しノーマルのままやってみるとようやくヒット。しかも、ドラグが少し鳴り、良い引きだ!船長がタモ入れしてくれたのは700gの良型。私には数が遠かったが、サイズは揃ってくれた。

ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】良型手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

釣る人10尾オーバー

さらに2尾連続でヒットしたが、リリースサイズに落ちたので、場所移動。風が吹き始め、波が高くなる中、潮も動き水深は15mから25mまで広く探る。ベイトが多い場所に船が流れると同船者に次々にヒット!しかし、私にはヒットが遠く、根掛かりや魚からのラインブレイクも続きどうにもリズムに乗れず最後の流し。

どうにか1尾追加してこの日はキープ5尾と振るわなかったが、釣る人10尾オーバーもいて、秋のティップランを皆楽しんだ。これからは、3.5号エギも出番となり、数から型も狙えるので、陸っぱりからは味わえないディープなボートエギングに行ってみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
きずなまりん
出船場所:大浦浜漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。