山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略

山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略

バリバステスター平久江洋和さんに同行し、山梨県・山中湖のつちやボートからワカサギ釣りへ。プロトモデルの試釣を兼ねた実釣の模様をお届けしたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

山中湖でワカサギ釣り

10月29日(木)、福島県桧原湖をホームグラウンドにしているバリバステスター平久江洋和さんが、山梨県・山中湖のつちやボートから、来シーズンに向けたプロトモデルの試釣を兼ねてワカサギ釣行。同行取材した。

6時30分、受付時の検温とマスク着用。ドーム船内はグループごとに釣り座がビニールシートで仕切られるようになっている。さらに、乗船人数は例年の半数ほどに制限。コロナ対策がしっかり施されている。

山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略ドーム船内の様子(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

7時に桟橋を離れると、サロン沖水深12.4mに固定。魚探には浮いたワカサギの反応が出て、水深8m辺りが濃い感じ。

山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略魚探には好反応(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

使用したタックル

タックルは、電動リールに「公魚工房ワークスリミテッド穂先延長アダプター80㎜」を介し、「公魚工房ワカサギ穂先ワークスリミテッド桧原MAX319燻銀LTD.」をセット。

山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略当日のタックル(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

ハンドメイドのMAX穂先

開発チームが最高傑作と太鼓判を押す新たなMAX穂先。開発理由は至ってシンプル。製品名にもあるように、桧原湖特有の激渋時に完全対応するとともに、アタリが出にくい当歳魚の攻略にある。

穂先のガイド部は見やすい蛍光イエローで、イブシ銀のブランクスとの相性がいい。穂先をあえて暗めの色にすることで、薄暗いドーム船内でも視認性バツグン。元部は中空のハイカーボンにすることで、手感度もアップ。グラス穂先には出せない軽さを実現。バリバス自社工房の職人、精鋭20数人による全工程フルハンドメイド。

仕掛け&エサ

仕掛けは「桧原V-spec七本鈎[ミルキーピンク玉]の狐鈎1号」。オモリは5gを使用。こちらも、桧原で好釣果を上げている仕掛けで、チモトのミルキーピンクが紫外線をより反射、マヅメ時や深場、氷上や濁り時に効果的。前回の山名湖釣行時もよく釣れたとのことで信頼は高い。

山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

エサの紅サシは、両端にハリ掛けしたら中央をハサミでカット。さらに、その半分に切り、当歳魚でも食いやすい大きさに装餌。

山中湖ドームワカサギ釣り 穂先と仕掛け使い分け小型「当歳魚」を攻略紅サシは中央でカット(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

次のページで実釣スタート!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。