ナイトエギングで良型アオリ 「想像力」が釣果のカギとは?【淡路島】

ナイトエギングで良型アオリ 「想像力」が釣果のカギとは?【淡路島】

10月31日、淡路島・佐野方面に友人とエギング釣行。不慣れなナイトエギングだったが、良いサイズのアオリイカをキャッチすることができた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・二杉あゆみ)

二杉あゆみ

日帰りで気軽に行ける、姫路〜明石、鳴門エリアをこよなく愛する釣り好きアラフォーです。オフショアがメインですが、最近はオカッパリも少し頑張ってます。決して上手くはなくむしろ他者も認める鈍臭さですが(笑)、ハマるとトコトン研究したくなる性格です。男女問わず、気が合う仲間とワイワイ釣りに行くのが大好きです。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

兵庫・佐野方面でエギング

10月31日、淡路島・佐野方面へ友人とエギングへ向かった。

この日は土曜日で満月の大潮、ほぼ無風と、明らかに釣り人の多さが予想できる週末。だがアオリイカ釣りにはいい条件ばかり。ハイプレッシャー覚悟で時合いの2時間のみ行ってみることにした。

到着したのは午後7時半前。予想通りポイントは釣り人でいっぱい。ウキ釣りの人も多く、タチウオ、アジ、サバなど色んな魚種を狙う人で賑わっている。

どこか空いてる場所はないかと堤防沿いを歩く。とってもいい型のアジがポツポツ釣れている。アオリがだめならアジでもよいなぁ~なんて話すも、ハナからエギングの用意しか持ってきていない(笑)。

「想像力」でアオリゲット

なんとか間に入ることができ、早速正面から投げてみる。潮は引いていて、右から左へ流れる。エギングはほぼ昼間がメインの私。ナイトはどこにエギが落ちてどう流れているのか目視できないので、非常に不安になる。だか夜はほぼイメージの釣り、「想像力」を働かせるしかない。

とりあえず基本の2段シャクリ後のフリーフォール。手前に来るともう一度投げなおす。シャクリ、ステイを沖から3度目でぬん!とロッドに重みが伝わる。ロッドをしっかり立てて、ぶしゅ!!と仕事人をイメージしてカンナで刺す。と、ジェット噴射が伝わった。

「よし!ヒット!」と慎重にライン回収。この時期らしいトンカツサイズが暗がりの中で姿を現した。タモいるほどではないかと抜き上げて、ライトを照らしてみる。思ったより大きい、というか身の幅が広く、食いしん坊ぽい体型のアオリをキャッチ。嬉しい一匹だ。

ナイトエギングで良型アオリ 「想像力」が釣果のカギとは?【淡路島】良型アオリをキャッチ(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

友人にはケンサキイカ

隣では25~30cmほどのアジ、サバが投げサビキでいれ食い。これだけベイトが豊富ならもっといるだろう、と粘るもアタリすらない。寒さが尋常ではない。友人はケンサキイカを釣り、いいところで納竿、帰宅することにした。

ナイトエギングで良型アオリ 「想像力」が釣果のカギとは?【淡路島】釣友にはケンサキイカ(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

<二杉あゆみ/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
佐野

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。