ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】

ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】

10月24日(土)、静岡南伊豆の田牛港からシロギスのちょい投げを楽しんだ。長めのステイで本命をゲット、ゲストにガザミが登場した釣行をレポート。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

田牛港でシロギス狙い

前日にライブカメラを見ると風はわずか。まだ暗い時間帯に自宅がある神奈川小田原を出発。小田原FBCで青イソメを仕入れて西伊豆へ向かった。釣友と待ち合わせている仁科大浜に着くと、海は強風で大荒れ。かなり波が高く、ちょい投げどころか投げ釣りも不可能なほど。早々に諦めて、南伊豆の田牛港へ向かうことにした。

ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】タックル&ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

到着するとこちらも風は強いものの、堤防の影になっていて釣りはできそう。始めてすぐにシロギスのアタリが手元に伝わってきた。軽く送り込んでからアワせると、竿が絞り込まれる。

ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】風がおさまったときは静か(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

ウルトラライトロッドでの釣りは、引きの小気味よさをダイレクトに感じることができて面白い。上がってきたのは、白く透きとおった18cm前後。

長めのステイで追釣

隣で釣っている並河さんにもアタリはあるようだがハリ掛かりしない。何度も空振っているようで、いい意味で盛り上がっている。こちらも順調にアタリが続き、同じような型を追加。どうやら、少しステイの時間を長くとった方がよさそうだ。

ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】痩せた個体が多かった(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

外海からのウネリが少し入っており、潮はかなり濁っている。仕掛けが浮き上がって暴れているようなので、引いて底に届かせる。なかなかうまくいかない釣友に釣れるのはピンギスばかりで苦笑。同じ場所に投げてみるが、こちらに掛かるのは良型ばかり。並河さんが投げるとなぜか小型。

20cm頭に12尾ゲット

気が付くと風がかなり強くなってきてラインは流されてアタリがとりにくい。スロープ横の小さな突堤に移動してみると、こちらのほうが多少なりとも仕掛けを操りやすかった。

ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】ガザミも姿を見せた(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

ここでもポツポツと釣れ続け、正午までにピンギス~20cmが12尾の釣果。17cm以上が6尾だったので、まずまずの結果をだすことができた。

ちょい投げキス釣りで12尾手中 長めのステイが奏功【静岡・田牛港】良型ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

並河さんも、最後には良型を釣り上げて、満面の笑みでこの日の釣りを締めてくれた。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
田牛港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年11月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。