外房ヒラメ釣りで船中24尾と活況継続 嬉しい高級ゲスト魚も【二三丸】

外房ヒラメ釣りで船中24尾と活況継続 嬉しい高級ゲスト魚も【二三丸】

「都心に一番近い外房」と言われる片貝ではヒラメ釣りが好調。連日多くのファンでにぎわっている。そこで10月25日(日)、第2二三丸から出船し釣行に出掛けた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第2二三丸でヒラメ狙い

10月25日(日)、第2二三丸から出船しヒラメ釣りに出掛けた。

まだ暗い5時、7人のヒラメフリークを乗せた船は廣田鷹一船長の舵取りで出港。ラクダというポイントを目指す。航程約1時間で到着。さっそくエサのイワシが配られて、船長から「根掛かり注意」のアナウンスがあってスタート。

外房ヒラメ釣りで船中24尾と活況継続 嬉しい高級ゲスト魚も【二三丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

横流しではなく、スパンカーを張ってのポイント釣りで攻める。水深は31m。船中最初のアタリは左舷胴の間に入った私にきた。一気に竿先が締めこまれ、ヒラメ40どころか、1、2の向こうアワセ。1kg級だが幸先いいスタートで船中は一気にヒートアップだ。

ヒラメ&イナワラ浮上

右舷胴の間の大谷幸司さんが続く。そして左舷トモではマハタ。さらに大谷さんには2kg半ほどのイナワラも。魚の食い気が一気に増したのか、右舷ミヨシの浜浩二さんに本命、私にマハタ、大谷さんに1.5kg級本命。まさに5分刻みで誰かにアタリが到来。

外房ヒラメ釣りで船中24尾と活況継続 嬉しい高級ゲスト魚も【二三丸】1.5kg級浮上(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

そして、小型ではあるが、食べて美味しいカンパチの群れが7時少し前に襲来。ほぼ順番に右舷の4人に連続でヒット。左舷トモでも上がったので「次は私か」と期待していたが残念ながらスルーされる。

ハタ&カンパチも

しかし、しばらくすると竿先が一気に持っていかれる強烈なアタリ。半端でない引きをいなし、やっとの思いで上げたのは4kg超級のワラサ。船中この1尾だけだったが、イナダは結構上がり2、3尾ゲットした人も。

7時少し前に1尾目を上げた左舷トモの山田さんは、7時10分からの20分間に3連発。ヒラメ大好きで各地に通うだけあって、その後はハタなどを交えて本命5尾ゲットの竿頭になった。

外房ヒラメ釣りで船中24尾と活況継続 嬉しい高級ゲスト魚も【二三丸】本命連発(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

大谷さんも「同宿5本の指に入る」と言われる名手だけに、その後も着々と数を稼ぎ5尾で並ぶ。大谷さんと同行の右舷トモの高野さんは激しいデッドヒートの結果、本命は1尾差の4尾。しかしゲストのハタ、カンパチ、イナダなどで少し数が上回り、大満足のようだ。

外房ヒラメ釣りで船中24尾と活況継続 嬉しい高級ゲスト魚も【二三丸】次々浮上(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページで船中釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。