アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】

アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】

泉南へライトゲーム釣行。本命は夜のアジだが、それまでは「ゲソング」でライトゲームのターゲットにすらならない小魚たちを狙う。気楽な釣りだが、今回は学びもあった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

泉南で「ゲソング」

日時:11月1日 15時~17時
天候:晴れ 風なし
潮回り:大潮

大潮の泉南、様々な小魚の生命に富む岩礁帯である。潮位もたっぷりとあって、そこかしこにすばしこく動き回る魚の影がある。これは夜のアジングにも期待が持てそうだ…と思いながら、アジが回遊してくるまで、暇つぶしに「ゲソング」をすることにする。

あらためて「ゲソング」について解説しよう。使用するのはライトゲームタックル。極小ジグヘッド(私は『漁港ヘッド』を使っている)に、イカの足すなわちゲソを付けて投げ、フグ、ベラなどの「エサ取り」といわれるような魚を釣ってやる。いつもワームやエサを食い千切られたりする、その仕返しでもないが、極小ヘッドだと奴らを仕留められる上、ニオイで集魚効果抜群、エサ持ちのいいゲソだと一切れのゲソで結構釣れ続ける。

次々と小魚がヒット

岩礁帯で、ゲソングスタート。次々と釣れる。

アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】初投でチャリコ(提供:WEBライター・井上海生)

真昼間のライトゲームは、一般的に渋い。難しい。その点、生エサを使った、「ハーフルアーフィッシング」ともいえるゲソングだと、途切れず反応があって面白い。持って帰る魚でなくても、真昼間に小魚の引きが味わえるのは心地いい。

アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】フグもいい引きをする(提供:WEBライター・井上海生)

良型キュウセンがヒット

テトラ際をリトリーブすると魚が飛び出してきて面白いが、やはり根にいってしまったときのジグヘッドのロストはもったいない。そこでオープンウォーターに投げてレンジを入れてみると、良型キュウセンがきた。

アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】オープンウォーターでキュウセン(提供:WEBライター・井上海生)

ゲソング、オープンウォーターでも反応がいいと知ったのは、何気に今回が初。そこでジグヘッドを重くして、この釣りの一番のラッキーターゲットでもあるカサゴでも、と色気を出し、底を丁寧に攻めてみる。

イソベラ&スズメダイも

すると、重めのヒット。抜群の引きだったが、上がってきたのはイソベラだった。

アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】抜群の引きをみせたイソベラ(提供:WEBライター・井上海生)

続いて、スズメダイ。

アジングのお供に楽しい『ゲソング』 フグ対策にはスナップを【泉南】やはりスズメダイも釣れる(提供:WEBライター・井上海生)

その後はフグが続き、まあイソベラとキュウセンは同じようなものと考えると、4目でストップ。うーん。まあこんなものだろうか。でも楽しい。

次のページでラインブレイク対策を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。