海釣り施設の泳がせ釣りで『肝パン』カワハギにアラ【脇田海釣り桟橋】

海釣り施設の泳がせ釣りで『肝パン』カワハギにアラ【脇田海釣り桟橋】

10月上旬、小潮。北九州市若松にある脇田海釣り桟橋に泳がせ釣りとカワハギ釣りに行って来ました。釣果は泳がせでは大物アラが、そして肝パンのカワハギと楽しめました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

脇田海釣り桟橋

北九州市若松にある脇田海釣り桟橋は有料海釣り公園で、駐車場料金300円と入場料1000円(子ども半額)を支払うと一日遊び放題のスポット。ここには売店にトイレ、自動販売機や手洗い場もあるので女性やお子さんでも安心です。

海釣り施設の泳がせ釣りで『肝パン』カワハギにアラ【脇田海釣り桟橋】脇田海釣り桟橋広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

午前5時30分からの駐車場オープンに合わせて到着。準備をします。荷物をまとめて6時の開場を待ちます。

海釣り施設の泳がせ釣りで『肝パン』カワハギにアラ【脇田海釣り桟橋】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

肝パンカワハギ登場!

入場して釣座を決めると、まずはサビキ仕掛けを落として泳がせ釣り用のエサのアジの反応を待ちます。

アジを待っている間、シーズンに突入したカワハギを狙います。仕掛けを落とした瞬間ピクピクと反応があり、アワセを入れるとブルブルとした手応えに気持ちが高まります。上げてみるとエサ取りのフグやベラばかり。時折カワハギがアタります。お腹はキモでパンパンになっていてとてもおいしそうです。

海釣り施設の泳がせ釣りで『肝パン』カワハギにアラ【脇田海釣り桟橋】おいしいカワハギにぞっこん!(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

泳がせ釣りで53cmアラ

カワハギ釣りをしていると泳がせのアジが大きく暴れ始め、サオがブルブルと揺れたので、いったんカワハギ釣りを中断して泳がせ仕掛けをのぞきます。

しばらくサオを眺めていると、急にサオがグインと曲がりあわててフッキング。重たい手応えに大物を確信。リールを巻こうと頑張りますが抵抗が強くなかなか巻けません。ドラグが激しくジジジジジっとうなり、イトがどんどん出されます。何度もイトを出されながらも何とか上がってきて、魚体が見えてきたのでタモ入れをして、やっと上がってきたのは何と53cmのアラに思わずニッコリ。

海釣り施設の泳がせ釣りで『肝パン』カワハギにアラ【脇田海釣り桟橋】大物アラは貴重(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

カワハギ5尾追釣

その後はアタりなくカワハギだけ5尾追加して帰りました。

キモがパンパンのカワハギ釣りや泳がせ釣り、もちろんファミリーでのサビキ釣りなどさまざまな釣りが楽しめる脇田海釣り桟橋。皆さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
脇田海釣り桟橋
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。