ウェーディングゲームで68cm『怪物』マゴチをキャッチ【木曽川】

ウェーディングゲームで68cm『怪物』マゴチをキャッチ【木曽川】

10月12日、14日と三重県桑名市の木曽川に釣行。ウェーディングゲームで、怪物級のマゴチに年無しクロダイと、連日ビックワンを獲った釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でウェーディングゲーム

10月12日、14日と三重県桑名市の木曽川でウェーディングゲーム。

初日の10月12日は岸からのキャストがメイン。早朝暗いうちに到着。釣り始めは前日より雨が降っていたため河川に雨水が入り、塩分濃度は薄い状況だった。

あまりに薄いと必ず釣れてしまうのがニゴイだ。当然この日もニゴイが次々釣れる。まるで釣り堀に来たように、水中ではニゴイが暴れ回っているように感じた。

『怪物級』68cmマゴチ登場!

気がつけば辺りは明るくなってきた。辺りが明るくなるにつれて、ニゴイがウソのようにいなくなっていく。

岸際にはベイトが何かの魚から逃げている。沖にキャストしたルアーを岸ギリギリまでリトリーブさせる。すると、ルアーを回収しようとロッドを起こした時、突然下から食い上げる魚がいた。

一瞬びっくりしたが、ドラグを緩めにしていたことで、しっかりと魚とファイトができた。上がってきたのは、木曽川ではめったに出会えないサイズのマゴチだ。急いでランディング、無事にキャッチすることができた。すぐに計測すると、68cmのマゴチだった。

その後も良型のマゴチを連続で釣り上げることができ、この日は潮止まりとなり終了。

ウェーディングゲームで68cm『怪物』マゴチをキャッチ【木曽川】自己記録更新となった68cmマゴチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

2日目は55cm超クロダイ!

そして14日は、下げ潮5分から釣行に臨んだ。今回はストラクチャー狙いのピン撃ち。ひたすらストラクチャーめがけてキャスト&リトリーブを繰り返す。数投ごとにルアーのカラーをチェンジさせ、ひと通りカラーが回って一番木曽川で釣果が出ているカラーへ戻した。

ルアーをトーン、トーン、トーンと岩に当て、当たった振動や音でクロダイにスイッチを入れさせる。すると、ドンドンッとルアーを持っていくアタリがきた。アワセを入れると、エイが掛かったように重い。

なんだ?と思いながら巻き続けると、水面から出てきたのは60cmオーバーかと思わせるほど頭が大きく、口がものすごく大きいクロダイだった。計測すると55cmを超えるクロダイだった。

ウェーディングゲームで68cm『怪物』マゴチをキャッチ【木曽川】55cm超のクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

今後の展望

今年の木曽川にはかなり魚が入ってきており、釣り人を楽しませてくれている。大きなターゲットを狙うには今が最高に良いだろう。また岸を歩く際は泥で滑る恐れがあるため、必ずウエーダーやライフジャケットを着用してほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
桑名市・木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年10月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。