神戸沖テンヤタチウオが盛期 攻略のキモは『トゥイッチ』?【小溝丸】

神戸沖テンヤタチウオが盛期 攻略のキモは『トゥイッチ』?【小溝丸】

10月21日、淡路島の育波漁港発の船をチャーターして、明石海峡周辺でタチウオと青物を狙った。狙い通りどちらも満足いく釣果を得ることができた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

辻原伸弥

×閉じる

船釣り エサ釣り

淡路島からタチウオ&青物狙い

10月21日早朝、淡路島・育波漁港に釣り仲間が集まった。月に1度、釣り仲間が集まり恒例となっている船釣り会に参加するためだ。

今回のターゲットは、今最盛期の「タチウオ」と「青物」のWヘッダー。まずはタチウオを求め神戸港沖へと移動する。移動時間は退屈なことが多いが、高出力の船の移動力と気の合う釣り仲間同士のチャーター便だけに和気藹々と釣り談義に華が咲き、気づけばポイントに到着。船長の説明をうけ、スタートフィッシング!

神戸沖テンヤタチウオが盛期 攻略のキモは『トゥイッチ』?【小溝丸】明石海峡大橋をくぐり船は神戸沖へ(提供:WEBライター・辻原伸弥)

早掛け作戦は失敗

水深60mラインを船首の友人はジギングで、船尾はタチウオテンヤで狙っていく。今回も、電動リールを使用し7~8の巻き上げスピードで50gのテンヤにイワシを巻いて落していく。実は今回、エサとなるイワシのサイズを大小2種類用意してみた。小ぶりなイワシはショートフックを採用した早掛けタイプのテンヤに、大きなイワシはノーマルタイプのテンヤに使用する。

船でのタチウオ狙いでは、タチウオの活性が細かく変化することが多い。タチウオの高活性状態を待つより、早掛けタイプで探ってタチウオの食い気をいち早くとらえてやろうとの作戦だ。しかし、小さなアタリは数回出るだけでイワシは毎回ボロボロ(涙)。スローに探っている友人が立て続けでタチウオをゲットしている。

巻き速度落としヒットするも……

何かが違う?そう考え、テンヤをノーマルにかえ今度は巻き上げスピードを6で誘ってみた。すると穂先が数回お辞儀した次の瞬間大きく絞り込まれた!活気のある電動リールの巻き上げ音とともに、魚が暴れる水中の様子がロッド全体に響いた。

しばらくこのパターンで狙うが、釣れるタチウオのサイズがF2~F3と細い。ジギングで狙う友人もコンスタントに掛かっているようだが、タチウオはやはり細かった。何かが違う!スローに狙うことで比較的活性の高い小型のタチウオが反応してくるといったところか?

トゥイッチ織り交ぜF4サイズ

そこで巻き上げ速度を5に落とし、一定のリトリーブの合間に4~5回軽くトゥィッチを入れてみることにした。確信的な物はないのだが、ジギング勢の動きを見ていると動きで確かにタチウオが誘われているように感じた。早速試したところ、確かにトゥィッチ後にテンヤを追い掛け数秒後に明確なアタリが現れるようになった。しかも、釣れるサイズはF4サイズとサイズアップ♪

その後も色々と試して見るが、途中で止めたりするのではなく、一定の速度で巻き上げながらというのが基本パターンだった。そうなれば、電動リールの独壇場。1匹また1匹と、全く釣れなかった早掛けパターンが嘘の様に次々とタチウオが掛かっていく。「もっとデカいの釣りたいな♪」釣り人ならではの欲張り精神がおのずと湧き出てくる(笑)。

ドラゴン級タチウオを攻略

第一部終了時間も迫ってくるなか、トゥッチパターンで食い上げのアタリが数回続いた。釣れるサイズはF4と良型サイズばかり。今日のパターンつかんだ?と思っていると、水面近くのラインがゆるんだ!また食い上げのアタリ?一気に電動リールを高速回転にしてフッキング!

いつもなら、軽快に巻き上げ音が響く電動リールが強力な引きに耐えれず止まる。片手でロッドをホールドするのは難しく、激しく暴れる両手で支えながら慎重に巻き上げた。船上に上げられたタチウオのサイズに思わず「やったぁ〜♪」と雄叫びを上げてしまうほど、久しぶりの大型。パターンを見つけ食わせた満足の1匹だった。

連日、多くの遊漁船で狙われているタチウオだけにエサ要素だけでなく「誘う」というキーワードが重要になっているのではないだろうか?エサ+ルアー的要素を兼ね備える「テンヤ」ならではの楽しみ方が満喫できた1匹だった。

神戸沖テンヤタチウオが盛期 攻略のキモは『トゥイッチ』?【小溝丸】トゥイッチで誘いドラゴン攻略(提供:WEBライター・辻原伸弥)

次のページは『青物狙い』に転戦!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。