秋の管理釣り場でヘラと遊ぶ 思いつきのエサ配合が的中【FC竹の内】

秋の管理釣り場でヘラと遊ぶ 思いつきのエサ配合が的中【FC竹の内】

秋は各管理釣り場で新ベラ放流の季節だ。10月20日に新ベラ放流をする大阪のFC竹の内に釣行、放流待ちの時間に秋のヘラブナ釣りを満喫できた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

Avatar photo
森宮清釣

こんにちは。森宮清釣です。今は後期高齢者になり釣りとカラオケが趣味。現在はヘラブナ釣りとフライ、ルアーフィッシングを楽しんでます。

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

新ベラ放流の見学

この頃になって、新ベラを積んだトラックが到着。有志が集まってお手伝いしたが、タライに入るヘラブナは20匹ほど。

秋の管理釣り場でヘラと遊ぶ 思いつきのエサ配合が的中【FC竹の内】釣りの手を止めて放流見学(提供:WEBライター・森宮清釣)

結構重いので、これは力自慢のお仕事だ。放流の途中で大きな物を見つけては検寸したり、写真に収めたり、だが今回の放流は36cm止まりのサイズで、40cmを超える大物は見られなかった。

秋の管理釣り場でヘラと遊ぶ 思いつきのエサ配合が的中【FC竹の内】今回の大物は36cm(提供:WEBライター・森宮清釣)

超大物はお正月用に年の暮れに放流されるのが毎年の行事みたいな物。予測だが、今年もこのようになるハズ。そんなこんなで放流が終了したのは3時半頃だったので、釣りの継続は無理だったが、この日の釣果は16匹。同行の「ヘラ好きおばちゃん」は30匹以上釣っていたらしい。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
フィッシングセンター竹の内
所在地:大阪府太子町

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。