泳がせ釣りで40cmマハタにアコウ 仕掛けにひと工夫が奏功【響灘】

泳がせ釣りで40cmマハタにアコウ 仕掛けにひと工夫が奏功【響灘】

10月17日、響灘で泳がせ釣りに出かけた。潮が動かず我慢の時間が長くなったが、「仕掛けのひと工夫」で貴重な釣果をあげることができた模様をレポート。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本高史)

山本高史

響灘を中心にホットな情報をお送りして、皆様の釣りライフに少しでも、お役に立ちたいと思っております。これからは、自分がやった事の無い釣りにも挑戦していこうと思います。よろしくお願いします。

×閉じる

船釣り エサ釣り

最終釣果&今後の展望

当日の釣果はタカバ40cmと30cmが1匹ずつにアコウ38cmが1匹となった。

釣果につながる工夫としては、まずは活きエサの小アジをいかに弱らせず泳がせるかがポイントにつながるのではないかと思う。

これから秋も深まり、冬の釣りスタイルにチェンジしていく中、まだまだ響灘は、これからが本番を迎えていく、泳がせ釣りと落とし込み釣りのうち、その人のスタイルに合わせて2種類のどちらかを選んで釣りをしてはいかがだろう。

筆者も次回は、落とし込み釣りに挑戦したい。また、そちらも報告させて貰いたい。

<山本高史/TSURINWES・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。