1g以下の金属ルアー使用の「メタルゲーム」でカサゴにキビレ【大阪】

1g以下の金属ルアー使用の「メタルゲーム」でカサゴにキビレ【大阪】

ライトゲームでは最近、夜でもメタルルアーで釣れるという話が聞かれる。そこで大潮上げという好条件の大阪南港で、メタル縛りでライトゲームをしてみた。すると…。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でメタルゲーム

10月18日の釣行日は大潮回りで19時40分が満潮。19~20時の短時間での釣りとなった。ほぼ無風のため、ライトゲームはやりやすい。キャスト時には比較的風の影響を受けにくいコンパクトなシルエットのメタルジグでも、それは同じだ。筆者が今回使用したのは2種類のメタルジグである。

一つは、チャートカラーで一般的なメタルジグだ。いわゆる「マニュアル操作」というのか、竿先でアクションをつけて、海中でヒラヒラと動かしたりフォールさせたりしてバイトを待つジグである。重量は0.8g。

そして、もう一つはメタルバイブレーションで赤金カラー。こちらはアクション不要で、ただ巻きでぶるぶると微妙に震えながら小魚のように動いてくれる。重さは1g。

1g以下の金属ルアー使用の「メタルゲーム」でカサゴにキビレ【大阪】用意した2種類のメタルルアー(提供:WEBライター・井上海生)

ジグの巻きでカサゴ連発

日没直後、まだ微妙に夕焼けの気配が残っているような、時合いの本当に最後のようなタイミングで、巻きのメタルで波止際を引いているとヒット。良型のカサゴだ。さらに反応よく、もう1匹、カサゴが釣れてくれた。

1g以下の金属ルアー使用の「メタルゲーム」でカサゴにキビレ【大阪】カサゴは簡単に釣れる強い味方(提供:WEBライター・井上海生)

どうやらこのジグ、ここの魚の好みのようで、他にも複数のバイトがあった。おそらく乗せきれないような小魚だと思う。ワームには反応してこないような、本当に小さな魚が、メタルの「輝き」に集まってきているのだろうか。私は実はメタルの経験値が少ないので、その辺りのことは分からない、まさしく夜闇の中、暗中模索で釣っていく。

1g以下の金属ルアー使用の「メタルゲーム」でカサゴにキビレ【大阪】カサゴは順調(提供:WEBライター・井上海生)

ジグでアジ狙いは苦戦

ここでふと、「アジはどうか?」と思った。ここ最近、大阪南港ではさっぱりのターゲットだ。しかし、当日は潮回りもいいし、ちょうど上げで入ってくるタイミングだ。一度、ジグ単にかえて、ワームでアタりが出るか見る。すると、出た。超ショートバイトで乗らないが、そこにいることは確認できた。

メタルアジングはハードモードと知っているが、ハリの数も2本と多いし、真っ暗闇の海中で目立つであろうチャートカラーを信じて、挑戦してみることにした。マニュアルのジグにかえて、ちょんちょんと動かしたり、フォールさせたり、単調にリトリーブしてみたり…いろいろと試してみるが、1回アタっただけだ。乗らない。仕方ない、今回、アジはここまでとした。

次のページでキビレチヌも登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。