東京湾『ヒガンフグ』釣りが本格始動 良型主体に船中頭17尾【新明丸】

東京湾『ヒガンフグ』釣りが本格始動 良型主体に船中頭17尾【新明丸】

鶴見潮見橋の新明丸からヒガンフグ(アカメフグ)狙いで釣行。本格的に釣れ始めた、愛らしくて癒されるヒガンフグ釣行をレポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ヒガンフグ釣りの魅力

湾フグの影の主役として認知されつつあるヒガンフグ(通称、アカメフグ)。良型が多いのは魅力のひとつ。同魚は、メインターゲットのショウサイフグと異なり、産卵期は春。秋のこの時期から本格的に釣れ始めます。

東京湾『ヒガンフグ』釣りが本格始動 良型主体に船中頭17尾【新明丸】かわいい顔のヒガンフグ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ヒガンフグの釣り方

ヒガンフグは、砂地に身を潜めるショウサイフグと違って、ゴツゴツした岩礁帯や藻場が主な釣り場。ズル引きしてしまうと根掛かりしやすいので注意。根の険しさに応じて、胴突きの食わせ仕掛けを使う人も多いそうです。

タックル

タックルはPEライン0.8号巻いた小型両軸リールをセットした専用竿と、キャストすることを意識してスピニングのキス竿も用意。

仕掛けはオーソドックスな1本バリのカットウ仕掛けと、3つのチラシバリ仕様の2種を用意。いずれも10号の中通しオモリをセット。

テンヤマダイ用の固定式や遊動のテンヤを使っている人もいて「次は私もテンヤを錘として活用してみよう」と思いました。

エサ

エサはサルエビ一匹付けか、小さくカットして複数付けにします。茨城や外房では主流のアオヤギを持参している人もいました。

フグはカワハギ同様、エサ取りの名人。手に伝わるような明確なアタリを待っていたら、エサは綺麗に取られてしまいます。

東京湾『ヒガンフグ』釣りが本格始動 良型主体に船中頭17尾【新明丸】サルエビをエサに使用(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

アタリ

アタリは着底後、ゼロテンションを保ち、目視でフワフワと竿先が揺れるような小さなアタリをとるというとっても繊細な釣り。

次のページで実釣スタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。