船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】

船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】

9月22日、南房の有希丸からアカハタ狙いのロックフィッシュゲームを楽しんできました。本命魚が連発した模様をレポートします!

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

有希丸でロックフィッシュゲーム

9月22日(火・祝)、南房乙浜の有希丸からアカハタ狙いのロックフィッシュゲームを楽しんできました。

この日は強い北東風が吹く予報で、少し波があったものの7人で出船。この日乗船した「南房では初挑戦」と言う男性2人組は普段、静岡・沼津方面でロックフィッシュを狙っていて「南房では良型のアカハタが釣れる」と聞き釣行。

5時半出船。航程10分で釣り場に到着。最近では、朝マヅメに冷凍エビを使ったエサ釣りでマダイが交じっているらしく、朝イチだけ、8号のテンヤとエビで狙ってみます。水深20m前後、強風で船が押されるため、ミチイトが張るものの、流れはほとんどありません。

ケイムラワームで33cmアカハタ

テンヤを6号にして、再度ゆっくりフォールさせるとココンッと着底前にアタッて500g級のマダイが登場。

その後、テンヤに30cm級アカハタが掛かったところでワームの釣りに変更。40gのテキサスリグでフックはオフセットの2/0。朝イチは日が出ていたので、実績の高いケイムラの魚系4inchのワームで探ります。

たまにフワリと誘いつつ、底を舐めるようにルアーをはわせると、ゴゴンと激しいバイト。上がってきたのは33cmアカハタ。

船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】釣趣も抜群(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ほかの釣り人はというと、鯛ラバやエサ、甲殻類系のワームなど……。思い思いの仕掛けやルアーで、早々にアカハタを上げていました。

船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

大きめのワームで良型浮上

後半になると、風が強くなったため、船が流されるスピードは速くなり仕掛けがすぐに浮いてしまって釣りづらくなってきました。エサ釣りならカサゴなど何かしらのアタリはありますが、ルアーだとちょっと苦戦モード。

そんななか、隣の釣り人がなんと6inchのボリュームのあるワームで良型アカハタを掛けました。

船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】いいサイズが上がる(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

良型36cmアカハタ手中

それを見て、私はすぐにワームのサイズを上げ、根がかりに注意しながら、じっくりと魚に見せるような感覚で、止めの時間を長くしてワームを泳がせます。

ゴゴンと明快なバイト。ワームが大きいので、いつもよりも思い切り力強くアワせると竿が大きく曲がって36cm。

活性が低くなると、ワームのサイズを落としてしまいがちですが、食い渋る状況でも大きなワームでまずルアーに気付かせることが有効だとわかり、その後も同じ大きさのものを使って連発。

船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】笑顔がこぼれる(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

アカハタダービーも開催中

後半は曇天になり、グローやパール系のカラーでしっかり魚に見せるようにすると好反応でした。同じ魚でも釣行を重ねるたびに新しい発見があって勉強になります。

船からの「ロックフィッシュゲーム」でアカハタ乱舞【千葉・有希丸】美しい魚体も見どころ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

現在、同船宿では2尾の全長合計や乗船回数などを基にした期間内のポイントで競う「アカハタダービー2020」を開催中。性別問わず多数のエントリーがあり盛り上がりを見せています。

良型の出現率が高いのは例年これからの季節。昨年上がった最大は45cm。年末まで開催しており、まだまだ逆転のチャンスは十分。参加してみてはいかがでしょうか?

<週刊つりニュース関東版 白井亜実/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
有希丸
出船場所:乙浜港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年10月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。