今さら聞けないアジングのキホン:「スナップ」使用の長所&欠点

今さら聞けないアジングのキホン:「スナップ」使用の長所&欠点

アジ、メバルを狙うライトゲームでは、スナップを使用する人と、しない釣り人がいる。今回は、スナップがライトゲームに与える影響について考えてみよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

スナップとは

スナップとは、ジグヘッドやルアーなどの取りかえを容易にするための小物だ。

これをラインの先端に結びつける。すると、ルアーをかえるときに、いちいちラインを切って付けかえるという手間が省略できる。スナップからリグを取り外して交換するだけだ。

今さら聞けないアジングのキホン:「スナップ」使用の長所&欠点ライトゲーム用のスナップ(提供:WEBライター・井上海生)

ライトゲームにおけるスナップの形状として上の写真のように2つある。ひとつがより破断強度の強いラウンドスナップと、破断強度はやや劣るが必要十分でよりリグの交換が素早くできる簡易スナップだ。

メリットは手返しのよさ

スナップを取り付けることのメリットは、一つ、または二つだ。二つ目は後述する。

第一に、スナップを取り付けると、リグ交換の際の手間が大いに省かれ、手返しが抜群によくなる。ラインを切ってまた新しいリグを結びつける、という工程と比べると1/2程度の時間で済む。

特に時合いなど時間に迫られて釣りをするときには、スナップの使用はマストと言える。

食いは落ちる?

スナップを取り付けない派の意見としてしばしば聞かれるのが、「食いが落ちる」というものだ。タチウオのワイヤーリーダーほどではないが、要はリグの前に「金具」が一つ増えるので、それを魚に見切られ、食いにくくなるという理論である。

確かにそうとも言えそうだ。また、より細かいことを言えば、1gアンダーの軽量リグを使用するアジング・メバリングにおいて、スナップを取り付けると、リグの総重量が0.1g程度は確実に増す。そのことを頭に入れて釣りをしなければならないだろう。

またスナップの面積の分、水中で受ける抵抗が多くなる。これは、操作感が向上するというメリットともいえるかもしれないが。

筆者自身の私見を述べると、一般的なアジング、メバリングにおいて、スナップの有無でそこまで釣果がかわる印象はない。しかし、「釣れないな」というときに、スナップのせいかもしれないと疑い、実際に取り外して釣れたことも何度かある。つまり、シビアコンディションでは、スナップの存在が、釣果に影響してくることもあるようだ。

今さら聞けないアジングのキホン:「スナップ」使用の長所&欠点筆者の愛用するスナップ(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで『スナップで魚の歯の攻撃に耐える!?』

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。