船カワハギ釣りシーズンイン 開幕初日はトップ15匹【三重・第八幸丸】

船カワハギ釣りシーズンイン 開幕初日はトップ15匹【三重・第八幸丸】

9月20日、三重県鳥羽市国崎港の第八幸丸で、今シーズンのカワハギ釣りが開幕したので初日に乗船した。27cmの大型も飛び出した釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第八幸丸でカワハギ釣り

9月20日、三重県鳥羽市国崎港の第八幸丸から開幕したカワハギ釣りに出掛けた。

午前2時に友人の誠さん宅を出発して、4時40分に国崎港に到着。この日を待ちわびたカワハギ好きな人たちが準備をしていた。

私たちも早々に準備をして乗船場へ向かうと、ダイワの鈴木泰成さんたちカワハギ名人6人の顔ぶれもあり、「お手柔らかにお願いします(笑)」とあいさつを交わした。

船カワハギ釣りシーズンイン 開幕初日はトップ15匹【三重・第八幸丸】乗船場マップ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

午前5時30分に第八幸丸が着岸。この日の乗船者は12人で、鈴木さんグループ6人は右舷側に、他の人たちは左舷のくじ引きをして、私はトモから2番目、誠さんは3番目の釣り座となった。

水深16mのポイントへ

午前6時に出船して、航程15分で船長から「今日は流し釣りでやります。水深は16mです。でこぼこしていますので注意してください。オモリは30号でお願いします。準備できた人からやってください」とのアナウンスがあった。

思っていたよりも早くポイントに着いたので、まだエサのアサリもハリに刺してなかった。慌ててエサ付けしていると、右舷では早くも船中1匹目が釣れたようで、周りから歓声が上がる。

船カワハギ釣りシーズンイン 開幕初日はトップ15匹【三重・第八幸丸】当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

初ヒットは23cm

急いで仕掛けを投入して、オモリの着底後すぐにイトフケを取り、1mほどオモリを底から上げてたたき下げる。オモリが底に着くと、ゴンゴンとアタリが出た。

1投目からカワハギかと思いながらリールを巻くが少し違う感じがして、見えたのは25cmのベラ。このサイズだとよく引くので楽しいが、残念ながら本命ではなかった。

しばらくすると今度はカワハギのようで、国崎沖のカワハギは良型が多いので慎重にリールを巻く。水面近くになると横走りしてサオをたたき、これは間違いなくカワハギだと確信した。良型が水面に見え、一気に引き抜いて一安心。初ヒットは23cmの満足サイズだ。

その直後、誠さんにもカワハギがヒット。私よりも大きく見えたが、引き抜く時にスッポ抜けて、仕掛けだけが宙に浮いてカワハギは帰っていき残念なことをした。

良型25cmカワハギ手中

しばらくして私に2匹目がヒット。今度は少し余裕を持って、カワハギの引きを楽しんでリールを巻いていき、先ほどと同サイズを取り込んでホッとした。

その後、アタリが止まったので最初のポイントに戻り、今度も右舷の人たちから声が聞こえてくる。左舷もそろそろかと思っていると私にアタリがあり、ゆっくりサオを立てるとヒットした。

リールを巻いている途中でもずっしりと重量感があり、今までよりもサイズは良さそうだ。少しやり取りしながらリールを巻いて、慎重に引き抜いたのは25cmの良型だ。

船カワハギ釣りシーズンイン 開幕初日はトップ15匹【三重・第八幸丸】当日に上がった良型カワハギ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

27cmのジャンボサイズも

続けて誠さんにも良型がヒットして、今度は慎重に取り込んで安心している。そして、誠さんに2匹目と連続でヒット。サイズは27cmのジャンボサイズだった。

船カワハギ釣りシーズンイン 開幕初日はトップ15匹【三重・第八幸丸】山本さんの友人・誠さんはグッドサイズをゲットした(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

その後、雨が降りだし、アタリも止まったので次のポイントへ移動。水深20mの岩礁帯からのスタートで、今度も右舷から釣れだして、カワハギをトリプルで上げた人がいるとの情報が入る。

こちらも負けないように頑張って2匹追加すると、誠さんも3匹追加して同匹数となる。その後アタリが止まって相差方面へ移動したが、ベラのアタリばかりなので、国崎近くまで戻った。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。