今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・越辺川】

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・越辺川】

埼玉県川越市と比企郡川島町の境を流れる越辺川・落合橋下流は年間を通して楽しめる釣り場。流れ川で育った良型地ベラの強い引きを、存分に味わってほしい。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

越辺川のヘラ釣り場

埼玉県入間郡越生町にある黒山三滝付近を源流とし、比企郡川島町で入間川と合流する越辺川。近年放流はされていないが魚影は濃く、竿を出せるポイントも多い。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・越辺川】釣り場概況(作図:週刊へらニュース APC・若松恵治)

小畔川合流部は魚影が濃い

川なので当然流れがあり、通しの釣りがメインになる。底釣りとなるため寒い時期が狙いめだが、場所に寄っては暑い時期でも釣れる。とくに落合橋下流の右岸の小畔川と合流する150mほどの護岸帯のポイントはすぐ下流が堰になっているためか魚影が濃く、一年を通して釣果が望める。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・越辺川】小畔川と合流点下流の堰(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

第1階段護岸

上流の第1階段護岸から上は流れが弱いためバランスの底釣りができるが、このポイントは極端に浅いので基本的には春先の産卵期のポイント。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・越辺川】上流の第1階段護岸上流は浅い(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

第2階段護岸

第2階段護岸から下流がメインになる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・越辺川】第2階段護岸から下流の様子(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

越辺川自体はジャミが多い。他のポイントでは真冬でもジャミに悩まさられることが多いが、ここはヘラの魚影が濃いためか、状況さえよければ気にならに程度。さらに足元にはコイが多く見られるが、不思議と強いアタリで釣れるのはほぼヘラだと思っていい。

釣り方とエサ

通常の流れなら0.8号から1号くらいのオモリで問題なく、通し仕掛けは中通しでも外通しでも好みでいいだろう。竿は手前に掛かりがあるため、16尺以上が無難。場所によっては短い竿も振れるが、よほどのことがない限り、短竿有利の状況は少ないだろう。上限に関して規定はない。厳寒期に24尺竿など振る人もいるが、基本的には21尺竿まで用意していれば大丈夫。

仕掛けは道糸が1号から1.5号で、ハリスは道糸に合わせて0.5号から0.8号くらいでいいだろう。ハリは食いが渋い時はバラサの5~6号で、通常は太軸のプロストの6~8号くらいを使うと安心。ウキは持っていればカンザシタイプがいいが、通常タイプでも問題ない。エサはこれからの時期を考えるとグルテンセットが無難だが、ウドンや角麸も実績がある。

<週刊へらニュース 週刊へらニュース APC・若松恵治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
越辺川
入釣料:¥400(現場徴収)、釣り台必携。
問い合わせ:ビン沼釣具
この記事は『週刊へらニュース版』2020年10月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。