ボートバス釣りで32cmキャッチ ラバージグにヒット【熊本・萩尾溜池】

ボートバス釣りで32cmキャッチ ラバージグにヒット【熊本・萩尾溜池】

熊本県宇城市の「萩尾溜池」でゴムボートからのバスフィッシング。ラバージグで何とか、本命ブラックバスをゲットすることができた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉永慎二)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ブラックバス

萩尾溜池でバス釣り

9月、ダムを幾つか回ってバスを狙ってみたが、夏の酷暑後に来襲した台風のために大きく水位を落とし、どこもあまり芳しくなかった。そこで9月17日、水位変動が少なかった農業用溜池はどうだろうと思い、熊本県宇城市の「萩尾溜池」にゴムボートを浮かべてみた。

水位はボートを出せば釣りやすい程度。水面に覆いかぶさる木陰にルアーを投げ込むことはできる。しかし、岸からの釣りは投げられる足場が少なく、釣れる範囲が狭いような状況。

ボートバス釣りで32cmキャッチ ラバージグにヒット【熊本・萩尾溜池】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉永慎二)

手漕ぎで岩盤沿いにそっとボートを寄せ、木陰を選んでラバージグを打ち込むが、反応は薄い。いつもだったら、7gのラバージグでバスの触りがあったら、その場所に3gのスモラバを打ち込めばすぐに釣れるのだが、やはり気象変動の影響があってかバスの反応はなかった。

プルン!とか、端をくわえてちょっと引っ張るとかの薄い反応はあるのだが、どうしても本アタリにつながらない。南ワンドでは水通しの良い木陰でアタリが3回、北と南のワンドを隔てる岬では2回かすかなアタリはあったが、もしかしてブルーギルに遊ばれているだけかもしれない。

ボトムでラバージグをシェイク

やがてボートは北ワンド入り口に達する。時刻は午後6時、バスが浅場にフィーディングに出始める時間だ。岬の風裏にラバージグを入れてみる。ここは高確率でバスが付いているので、今回もいるはずだが……。

水深は5mぐらいだろうか。地震の時に斜面を滑り落ちた沈木と、岩盤沿いの木陰、ぱっと見良いポイントは2つ。沈木の枝の間に7gラバージグを振り込んだ。

ボートバス釣りで32cmキャッチ ラバージグにヒット【熊本・萩尾溜池】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉永慎二)

ラバージグがトンと底に着いたら、その場でシェイク。反応がなかったら、シェイクしながら徐々に巻き上げ、枝に当たる感触があったら、そこでモゾモゾと動かす。エビか水生昆虫がエサをとっているイメージだ。

32cmブラックバスをキャッチ

すぐに木の枝とは違う感触が伝わってきた。ムグムグという食いアタリを感知し、急いで巻き上げる。ラインは16lb、一気に勝負をつけてしまわなければ、木の枝に巻かれる。

強引に水面近くまで巻き上げると、メタリックグリーンの魚体が水面を割った。ルアーは丸のみにされている。外れる心配はなさそうなので、そのまま抜き上げた。

32cm、この池では、まあまあのサイズだ。そのあと、ちょっと北ワンドの奥もやってみたが、反応はなかった。この日は水通しの良い深場近辺のストラクチャーでのみ反応があった。

次のページで今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。