相模湖のワカサギ釣りが開幕 386尾手中で好シーズン期待【神奈川】

相模湖のワカサギ釣りが開幕 386尾手中で好シーズン期待【神奈川】

9月13日、相模湖で天狗岩釣り案内所を利用してワカサギ釣り。シーズン開幕早々に300尾超えの釣果となった一日をレポートしよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

相模湖でワカサギ釣り

9月13日(日)、神奈川県相模原市にある相模湖へワカサギ釣りに出かけた。

5時半に天狗岩釣り案内所に到着。朝食をとったら舟に荷物を運び込み、6時の受け付け開始を待つ。貸ボート料を支払い、乗船して店主に引き舟してもらう。

相模湖のワカサギ釣りが開幕 386尾手中で好シーズン期待【神奈川】相模湖の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

釣り場に到着すると、1艇ずつアンカリング。ボート内に通された、50mほどのロープの両端にアンカーが付いたダブルアンカーで、釣り人はこのロープを手繰って20~30mは移動できる。ここのいつものルーティーンだ。店主の釣り場選定は的確で、貧果になることはほとんどない。

活性高く10点掛けも

ポイントは桟橋からすぐの押尾。引き舟されている間に準備を完了し、アンカリングと同時に釣り開始。タックルは電動リールと自作の削り出し30cm穂先の組み合わせ。水深が浅いので、2本竿は必要なく、1本の方が手返しはいい。仕掛けは袖バリ1.5号7本仕掛け。エサは、赤虫と白サシを持参。

水深は7mで、魚探にはまずまずの魚影が映っている。仕掛けを底まで落として誘いをかけるとすぐに反応。アワせて追い食いを待ってから巻き上げると、6~7cmが3点掛け。やや小ぶりだが、活性はいいようだ。

その後、群れが回ってくると7点掛けもある。仕掛けを14本バリに替えてペースアップを図ると、8点掛けや10点掛け。ワカサギ釣りは、鈴成りこそがだいご味だ。

相模湖のワカサギ釣りが開幕 386尾手中で好シーズン期待【神奈川】群れがくれば10点掛けも(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

良型交じるもアタリ遠のく

100尾を超えると、型が欲しくなった。そこで、ロープを手繰って場所を移動。水深10mの場所でボートを固定して再開。「水深が深ければ型がいい」とは限らないが、いろいろ探ってみることでその日の傾向を見極める作戦。

ペースは落ちたが、3尾に1尾は10cmほどの良型が交じりだした。鈴成りとはいかず、追い食いさせても3点掛けが精一杯。1尾を丁寧に拾っていく釣りになる。そのうち、完全にアタリが遠のいてしまった。

手返しが釣果アップのカギ

次は浅場に移動したが大誤算。ウグイの猛攻に合い、仕掛けはグチャグチャに。早々にその場を諦め、朝の場所へ移動する。すると、再びコンスタントに釣れだした。

ニジマスやサクラマスには、回遊ラインと呼ばれる道がある。アユには良型ばかりが釣れる流れの筋がある。しかし、ワカサギはバスに強襲されたりマス類に追い回されたりするので、その動きは読めない。群れが釣り人の下を通った時のみ釣れるのだ。

だから、釣果を伸ばすには手返し最優先で、微妙なアタリを取って掛けていくことが求められる。名人クラスの動画を見ていると、その腕前に驚かされるだろう。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。